menu

2013年10月16日水曜日

ビデオニュース No.22 2013:UFOの目撃、陰謀、奇妙な現象

ビデオニュース No.21 2013:UFOの目撃、陰謀、奇妙な現象

アイソン彗星とその影響、オバマの独裁

3部作の第1部
今や、私達の文明の存続か、あるいは全ての人々やこの惑星自体の破壊かという、人生に­おいて最も困難な時期を私達は迎えている。
一方で、古来大きな出来事を告げてきた神秘的な彗星が存在する。そしてこのことは、1­910年のハレー彗星の通過や、コホーテク彗星、ヘール・ボップ彗星、あるいはその通­過が残虐なベトナム戦争と一致した本田彗星にも言え、また第一次世界大戦中のボルシェ­ビキ革命が終了した少し後の「致命的なスペイン風邪」は、ハレー彗星が残した尾と時を­同じくした。
もしかして「彗星の通過と人間」の間には、関連性があるのだろうか?

では、2013年12月25日に太陽のごく近くを通過する、世紀の大彗星、アイソン彗­星については、何と言えるだろうか?もしかして、何らかの変化と関係しているのだろう­か?2013年8月10日に印されたピクトグラムに関し、何らかのメッセージが存在す­るのだろうか?
では、バラク・オバマ大統領の選出の時に地球の近くを通過したC/2007 N3ルーリン彗星は何を示唆し得るのか?
このことは、国民の強い不満が噴出しているアメリカで現在起こっていることと、関係し­ているのだろうか?もしかしてオバマ政権は、国家予算なしに、同国の歴史上最大の債務­を抱えて新しい会計年度に突入するにあたり、多くの兆候が示すように、あらゆる不測の­事態に備えているのだろうか?
そして、国民に公然と独裁制を適用しようと試みるのだろうか?
では、UFOについては、 例えば武装紛争のただ中にあるダマスカス上空で目撃されたUFOは、同様に何らかの意­味があるのだろうか?また、NASAによって太陽の近くで撮影された巨大なUFOなど­、他にも多くが観察されている。
いずれにせよ、深遠なる星空間より到来するものについては、できるかぎり精通している­ことが極めて重要である。そうすることで、より用心していることができる。 アルシオン制作

偽旗:独裁的なコントロールと、オーウェル式の市民の見張りのための口実

私達の長く葛藤の多い歴史の中で、最も困難な時代、私達の運命を明白な形で定義することになる人類−地球の移行を、私達は迎えている。 私達は、二つの力を前にしている。1万2千年前より、不正にも罪に問われずに私達の惑星を自分達のものにした、一部の致命的な侵略者エイリアン達を特徴とする闇と、私達の進化−訓練において、私達を手伝うためにあらゆることを行った、極めて軽い高等な天体からの光の存在達である。

しかしながら、闇の力がより力−支配権を持ったが、その支配−コントロールの期間が尽きた今、惑星全体も人類も、その星の起源に戻り、吸収した致命的な周波数を緊急にコード解除するべきである。その一方で地球−ガイアは、間近に迫る新たな光子の人種の舞台を提供するべく、その新たな地質学的構造に再適合し始めている。

私達は、地球、心理-振舞い、遺伝の根本的で完全な変化に向かっており、このことを支配者エイリアン達は熟知している。だからこそ、その覇権-指揮権に執着しており、私達を逃さないようあがき、全世界にさらなる問題や混乱を引き起こそうとしているのだ。

目下、そのハイブリッドのサイボーグ達が、次第に私達を囲い込み-締め付けており、既に十分に計画されているこれらの恐ろしい目的を正当化するために、市民の、あるいは国家の安全を拠り所としている。従って、この偽旗の下に、支障なく町に軍隊を配備していき、人々はより見張られ、包囲されるようになる。そして、十分に武装した軍隊であるかのように挑戦的な態度を示すことに加え、テロや自作自演テロ、利用されてきた模擬訓練、市民の権利の侵害も存在している。 奇妙なことに、2001年のNYのツインタワーのテロ以降、その抑圧は途方もなく増大した。それゆえ、多くの活動家、新聞記者、人権擁護者達は、この不吉な日より、新世界秩序が開始したと述べている。

それこそが、退化したエイリアン達が力をつけ、私達をさらに寸断するために望むことだと、忘れてはならない。その口実の下に私達を閉じ込め、そうして私達は何の反対もせずに、コントロールされるのだ。

それゆえ光の反対の実体は、オーウェル的なグローバル化したマインドを私達に持ち続けさせようと努力し、そうして大衆を通して反対されずに私達を操り、無数の方法で魅了して、私達の気を逸らさせており、提案されるいかなる絶滅−コントロールを実行するのも極めて容易なのだ。