menu

2013年12月6日金曜日

政府の抑圧的な陰謀と市民の目覚め

増大する人民の不満が、世界中で拡大していると気づくことは重要である。これは多くの人々が、次第に多く地上に届くようになっている、変化をもたらす光子の影響を受けて、その催眠的な麻痺状態から目覚め始めているという明白な兆しである。

権力のトップにいる者達は、私達を惚けた−鎮静させた状態にしておきたがっており、そうすれば、私達が彼らの支配−抑圧と完全なコントロールの計画に介入することはない。それゆえ、何としてもその押しつけ−支配の努力を倍増しようとしているのだ。

この不満は、軍人達にも拡大している。それゆえ、政府は軍隊内の一大粛正を行っていることに加え、彼らを試すことにし、197名の高官達を退任させたのだ。 もしかして、憲法を破棄し、そうして緊急に恐ろしい戒厳令を伴う完全な独裁を 導入したいのだろうか?

また、増大する不確かさや、情報の欠如と隠蔽、カムフラージュされたパトリオット法、銀行から貯蓄を引き出すことに対する制限、電話やeメール、金融記録を調査する全権、アメリカ合衆国の街頭の装甲車、様々な都市における戦争の演習なども、見られる。

緊急に彼らが準備しており、世界中の人々が知らない深刻な何があるのか?
それとも、これらは彼らの最後の脅しだろうか?というのも、彼らは力を失いつつあり、全ては崩壊しつつあるからだ。
もしかして、私達を支配する闇を、光子の光が圧倒しつつあるのだろうか?
私達がこの辺獄−煉獄にいる間、警戒を緩めるべきではなく、私達の合法的な目的を達成するまで飽くことなく、平和的に抗議を続けるべきである。