menu

2014年1月22日水曜日

エリート-NWOによる世界の絶滅とナチスの遺産

私達は、歴史上最も困難な瞬間を迎えている。問題は、私達が前向きな変化への決定的な一歩を踏み出さないうちは、エリートの恐ろしい絶滅の意図全てが、地球全域で極めて明らかになるだろう、ということだ。
それゆえ、最近これほど続いて、火山や地震の増大、火災、極寒、継続的な放射能漏れといった多くの災害が起こっているのだ。もしかして、ハアプ、ELF波、グウェン、ケムトレイル、フラッキングといった手法を通して為される無数の人工的な変更のせいで、もはや自然はコントロール不可能なのだろうか?
私達を最大限削減しようと試み、隠蔽された戦争や罪のない人々の大量殺戮、惑星を放射能で汚染することに加え、彼らがまだ行っておらず、私達を大規模に害するために準備されている、さらなる何かがあるのだろうか?
私達はまだ、私達を憎む異星人達の手中にあることを忘れないようにしよう。彼らは、はるか昔から常に私達を奴隷化し、そして消滅させたがってきた。このことは、第二次世界大戦の間、ナチス・ドイツ、ファシズムのイタリア、そして帝国主義の日本によって為された蛮行に見ることができる。
だが、はたしてこれらの残虐行為は過去のものとなり、永遠に解決したのだろうか?

コスモスからの介入と人類を滅ぼすために準備された優生学の実験室

支配者であるエイリアン達が、私達を破滅させるべく行おうとしている侵害の目的が、日ごとにより明らかになっている。もう少し情報を得て、権力のトップにいる人々が、この人種を破滅させるために企んでいることに対し、私達は全く賛成していないと示す方が良いのではないだろうか?

統治者のエリートが試みているのは、この人類を滅ぼすことであり、できる限りのあらゆる手段をもってその絶滅を求めている。そしてこのことは、多くの国々が経験している前代未聞の冬や無数の災害といった、一見偶然に思える多くのことに見られる。それとも、地球がハアプ計画やELF波、グウェンによって操作されており、気候を修正したい時には支障なくそれができ、そうして無数のハリケーンや台風、竜巻、地震を生んでいるのだろうか?もしかして、彼らは気候をコントロールできるのだろうか?では、アイソン彗星に何が起こったのか?破壊された可能性があるのだろうか、それとも何が起こったのか?天空や私達の大気圏で、私達が気づいていない何が起こっているのだろうか?

扮装した支配的なエイリアンのエリートは、その無効化-抑圧の残酷な目的を強化するために、常に彼らが望んでいたように私達を完全に削減できなかったことを見ると、無数の奇妙な地下基地を介して、その粛清-排除を激化させることにした。だが、地下基地とは、何の目的があるのか?