menu

2014年12月21日日曜日

DNAの変化、世界的な経済や政府の破綻が迫る...

人類におけるDNAの変化にまつわる研究について続けるが、これを達成することは、人間的、心理的、内面的な大いなる進歩を意味する。それは、より良い視野や理解を得るために大いに役立ち、小数支配の帝国主義のシステムが計画的に行なう全てのことに気づかせるだろう。
だが、現実的に見なければならないが、様々な支障−障害、困難、無数の経済、社会、政府、家族の危機などのため、その継続的な努力−意志−変化は、中断するべきではない。実際、帝国のシステムの無数の便宜主義がその望むような成果を上げていないことを、社会は目撃している。
その反対に、エリートにとって厄介な指針−姿勢の変化が見られ始めている。もっとも彼らはその逆だと示そうと試みており、その二枚舌を、つまり彼らの特徴である、もはや周知の偽りを続けようとしている。これは、至る所で破綻している途方もない茶番なのだ。それゆえ、私達は常にこれらの危険な事実について情報を得ておくべきである。