menu

2015年2月14日土曜日

エリートの陰謀と偽 り。外人嫌悪。ヘリウム3のエネルギー

私達の意識の目覚めを達成し、既にいくつものドキュメンタリーで述べている無気力−怠慢や怠惰をなくすべく、努力し、戦い続ける緊急の必要性について続けるが、私達が行動せずにいる時間が長ければ長いほど、私達が直面することになる事態はより困難となるだろう。なぜなら困難は悪化していくため、私達が解決したいと望む時には、ひどく難しくなっているからだ。
だが、はたして私達は深刻な惨状が起こるのを待つのか、それとも私達の運命が危険にさらされていると知り、真剣に責任を担うだろうか?
私達が日増しにショック−衝撃の状態を経験することに慣らされつつあるのは明らかで、恐怖や不安、自殺、錯乱が次第に頻繁になっている。また権力の主達のためにあつらえられたコントロールされた気候変動もそうで、その気候の地球工学による破壊的な手法に従って、大気や気象、地殻を変えており、そうして私達を滅ぼそうとしている。

彼らが自分達のものにするべく住民を絶やそうとしている国々に起こっている、奇妙で異例の記録的な吹雪については、何と言えるだろうか?
また説明のつかない形で死んだ魚や鳥が、より数多く見つかっていることについては?
各国政府や西洋のメディアが、殺された12名の人々を追悼するためにフランス全土で何百万という市民を招集したなど、なぜそのようなことが可能なのか?これには世界の指導者や国家元首らが参加したが、ほんの数ヶ月前に被害を受けた、何千人ものパレスチナの男性や女性、老人、子供達に対して、あるいはイラクやリビア、シリア、アフガニスタン、パキスタン等といった国々で、アメリカとNATOの同盟国によって殺され、また避難民となった何百万もの人々に対しては、彼らが完全に無関心であった事実とは明らかに対照的である。
急速に暴かれている、多くのぺてんや 大いなる偽りの原因は何なのか?