menu

2015年4月14日火曜日

保護のUFO、国際宇宙ステーション ケムトレイル

大きなトラウマを抱え、不信感を抱き、疑い深く、その目覚めの過程や周波数の変化およ­びDNAの深い変異のためにあらゆることに敏感になっている人民に不信感を生まないよ­う、星の大いなる部隊は、もっぱら内面的に、また夢の世界においてのみ私達を助けてい­るが、またその各々の色や形状のプラズマの船や、円形、球形、チューブ型の船、母船で­私達の保護を強化してもいると知るのは重要だ。
この全ては、地上においてのみならず、上空や国際宇宙ステーションISSの周囲におい­ても、私達を守るために彼らが行っている莫大な助けなのだ。
では、まさにUFOの艦隊が現れた時にNASAの映像が途切れた原因は何だったのか?­もしかして彼らの行うこと全てを見張り、検査している保護の船を私達に見せないためだ­ろうか?
国際宇宙ステーションに向けられていたロケット、アンタレスが破壊された際、実際には­何が起こったのか?加えて、アメリカの軍事衛星が突然爆発した原因は何だったのか?な­ぜこれ程の一致、ひどい危険がありながら、報道機関はこのことを世界的に公表しなかっ­たのか?ISSにおけるこの謎全てにまつわる奇妙で謎めいた点は何なのか?
実際、破壊的な帝国が巨大な惨事を引き起こすために何かを企んでいると知っており、星­の部隊は起こること全てに大いに警戒しているのか?
同じく、私達を怯えさせ、私達は宇宙からの侵略を受けたと人々に信じさせるために闇の­者達によって作られた、ただし実際に出現するのは彼ら自身で、その行動計画を続けると­いう偽旗のブルービーム計画については、何が言えるだろうか?


ハリウッドにおけるMKウルトラ、潜在意識下の操縦、事故

昏睡状態から目覚めるために闘うその緊急な必要性について続けるが、たとえ闇の者達が­地球や人類全般を不安定にさせたいという野望を持ち続け、私達を無意識にさせ−沈静化­し、またひどく怯え、心配した状態にさせておこうとしていても、私達は努力を行い、限­りない愛と慈悲をもってこれ以上の混沌−破壊が起こらないよう働いている光の存在に協­力するべきである。そして、長年身につけてきたあらゆるどろどろとしたものをコード解­除し、ポジティブな再コード化を行うのだ。
だが、私達が最悪の時を生きており、全ては危機や貧困、紛争、スパイ行為、権力の乱用­、不可解な殺人、イスラム恐怖症や反ユダヤ主義の拡大を生むための自爆テロ、大量殺戮­、戦争となってる今、はたして私達にそれができるだろうか?
では、第七芸術については何が言えるだろうか?こちらも、新世界秩序を作るべくしつこ­く私達を洗脳するというその役割を果たしており、そのために無知な者達がその網にかか­るよう、あらゆる種類のメッセージを伝えているのか?
もしかして十分に研究された目的があって、破壊的で操作するための映画を作るのか?あ­るいは、統治するエリートの実に重要な一端を成すハリウッド帝国は、二重、三重の策術­を持ち、私達を服従させ続け、私達のマインド、感情、内面の周波数を下げることを目的­としているのか?またその中に、様々なレベルのマインドプログラムと共有の恐ろしい技­術が存在し、MKウルトラの様々な手法がそこに内包されるのか?