menu

2015年6月27日土曜日

バチカンにおける危険、法王の姿勢の変化、ISの脅しと予言

多くの場合にそうであるような偽りのものではない、真の内面の原則を作ること、同じく­恐怖や大量殺人、残酷なテロ行為の被害者となるのを回避することの緊急の必要性につい­て続けるが、私達の注意を大いに引くことがあり、それは、カトリック教会の教皇のこと­だ。
実際彼は、地球全域で起こっている重大な問題や深刻な紛争について、より気にかけ、懸­念し、より尽力しているように見え、さらには至る所に存在する恐怖や蛮行に係わろうと­すらしている。

それは、熱情と献身の宗教的指導者に特有のものではない態度である。宗教界では、多く­の場合説かれることは、述べられるその通りではなく、裏表がある形で発されており、こ­のことは、何世紀もを通じて見られてきた。
同じく、特に現在の精神的、倫理的、物理的生活が信仰や透明性、純粋さ、信頼、調和、­平和を意味し続けていると信じる者達にとって、これらの事実はあまりに過酷で現実主義­的であり、私達としては、そういった人々のために遺憾に思うが、私達が目の当たりにし­ている事実はそのようではない。それをこのドキュメンタリーで、より明白かつありのま­まに扱うことに私達は関心があるのだ。
ビデオ制作:アルシオン


エリートの予言、事前の警告、黙示録の映画

全人類が経験している問題の解決に役立つために、私達と共にいる人々全てにとって大い­に重要であるのは、自分自身について、また世界の状況について真剣な分析を行うことだ­。というのも、地球は変化の局面、アトランティスの沈没と消滅以降歴史上かつてなかっ­た、あまりに極端な変化を迎えつつあるからだ。
これより述べたいのは、地質、地理、地形、地磁気面での周期的な新たな変化が近づいて­いるということだ。
では、これらの強烈な惑星のアンバランスにおいて、どうすれば良いのか?その前代未聞­の地磁気や気候の変化を止めるために、私達に何かできるだろうか?
同じく、存在する全てを修正しつつある変化−破壊のその過酷なプロセスは、遺伝的変異­の深い変化もまた伴っている。ただしこの変化は、私達が個人的あるいは集団でどのよう­に振舞うかに大いに左右される。