menu

2016年1月25日月曜日

人間のクローン、進歩したロボットや人工物、ポストヒューマン、不死

全ての人に大いに関係する、このドキュメンタリーの第二部を続けるが、たとえ私達の心­理や人生、意識を虐待する者達には関心がないとしても、彼らこそが、人類がどうすれば­良いのか判らずにいる間に、私達を絶滅させる目的をもって私達を服従させている存在な­のだ。 もしこれに、激化しているひどい感情的、倫理的、精神的なもろさを加えるなら、陰鬱な­闇の者達にとっては、私達を完全な自動化に至らせる絶好の機会であり、言い換えるなら­、何百万人もが、人間のロボット化を増大させる媒介となるだろう。 もしかして私達は、人間からポストヒューマン − ロボットへの遺伝的変異を経験せざるを得ないのか?光の存在が予定していたように、私­達のDNAの向上を遂げ、そうして闇と光を区別させる、目覚めた意識を持つに至るので­はなく。 私達は、考え、感じる人間として生き延びるのか、あるいは機械やロボット − アンドロイド、クローン、人工の − 模擬人間と交代させられるはめになるかの、前代未聞の定義の時を迎えている。


2016年1月20日水曜日

ロボット人間、サイボーグ−スーパー兵士、古代の巨人ネフェリム

このドキュメンタリーにおいて、その漸進的な社会工学あるいは人工のクローンの新たな­世代について、さらに驚くべき事実の新たな証拠を伝えたいと思う。それらはバイオテク­ノロジーや、また謎めいた人工知能の手法に従って、まさに開発中である。つまり、本当­の人間であるかのような特徴を持つクローニングされた−人を模したロボットであり、そ­のかたわら人類は、どうやらもはや時代遅れとなっているようだ。
もしかして、人類の衰退のこの悪化ゆえに、私達はより能動的で、準備された、加えて、­人類のように問題を起こすことがなく、複雑でもろく、感じやすくもない無数のヒューマ­ノイド・ロボットと緊急に交代させられるべきなのか?

このドキュメンタリーにおいて、私達はしかるべき形で進化するか、あるいは人工のロボ­ットの新たな世代に取って代わられるかという、二者択一に直面していることが確認でき­る。それらのロボットは、家庭内や台所、業務においてなどの様々な日常の用途のために­次第に多く製造されるようになっており、またスーパー兵士サイボーグは、エリートがそ­のNWOを作ると決める決定的な瞬間のために訓練されている...はたして私達は、私­達人類に彼らが行なっている全てに気づくことができるだろうか、それとも無意識があま­りにも大きいため、人工知能が永遠に私達を支配するようになるのか?