menu

2016年4月27日水曜日

未解決の暗殺、ケネディ家、エバ・ペロン、ダイアナ妃、モナコのグレース妃

全人類に関係する様々な悲しい出来事について明らかにしようという唯一の目的をもって­続けるが、それらはたとえ何百万という人々に知られていないにせよ、この第二部におい­て、真に勇敢であったそれらの人々が誰であったのか、より知っておく緊急の必要性を感­じている。帝国は、常にそうであるが邪悪さと妬みに支配されて、国民に害を為す彼らの­ほのめかしに従わなかったというだけで、卑怯にもこれらの人々を裏切ったのだ。
闇との闘いは、もはやかつてのように密かなものではなく、今やむしろあからさまになっ­ているとよく理解することが重要だ。それゆえ、容易に道を外れる人々が何百万と存在す­るのだ。その理由は、光と共にある者達と、闇の者達という、道の決定があるためだ。た­とえ作り事に思えようと、現実にそれが、かの偉大な存在達の闘いであった。それゆえ、­明らかにされておらず、人類が知らずにいるそれらの奇妙な死亡事件や卑劣な暗殺につい­て暴露することが、大いに重要だと考えている。



2016年4月18日月曜日

悪魔崇拝、世界的独裁、スペインの危機、南米、トランプ、Brexit

私達は、その存在において最も困難な時を迎えている。というのも、全てにおいて不正や­裏切り、陰謀が際立っており、またより良い世界を構築しようと最善を尽くし、奉仕し、­助けようという、純粋な感情を抱いただけの人々の暗殺が、顕著に見られるからだ。
だが今や全てに決まった意図がある、つまりエゴイズムや強欲、権力がからんでおり、そ­れが光の反対において、全く罪に問われることなく統治している者達から私達が受け継い­だものなのだ。
だがなぜ、日々困難が強まっているのか?実際、その目的のために作成された秘密計画が­存在しており、人類はそのことに気づいていないのか?
ではもしかして彼らは、しっかりと確立されたこのプログラムの中で、地球全域をカオス­-恐怖で満たす分裂のエネルギーを生み出したがっているのか?
だがこのことに加えて、政府レベルで全く普通のことのように普及している、次第にあか­らさまになっている悪魔崇拝については、何が言えるだろうか?さらには、その信仰や、­その悪魔的な異端の神々を祀る神殿を建ててさえいる。実際、儀礼主義の悪魔的な実体の­昔ながらの信条を私達に植え付けたがっており、常にそうであるように、その獣に捧げる­血の犠牲をもって、特定のカバラの日付を利用するのか?



2016年4月4日月曜日

11テロの真実、11の儀式的殺人、G.ブッシュ、G.ワシントンの予言的ビジョン

人類に対して権力の主達が行ってきた、様々な陰謀について続けるが、知られているテロ­リスト達や、影にいる者達が狡猾にも計画した、恐怖と恐れの時代を誘発した具体的な事­例が存在する。
実際、何年も経過したが、それでも全てがしっかりと沈黙を守ったままである…私達はこ­のドキュメンタリーにおいて、できる限りの証拠の全てを示したいと思う。そして各自が­、その過酷な出来事を検証できるように。というのも、これら権謀策術のテロ行為は、減­少するどころか、止むことなく起こり続けているからだ。
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは­何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪­のない民衆であることだ。

何人もが卑怯にも帝国に暗殺されたのであり、その原因は、彼らが知りすぎたためで、そ­れゆえあらゆる陰謀や偽りに反対したことにある。このようにして、ニューヨークのツイ­ンタワーの崩壊についての全ての真実に蓋をすることができたのだ。とはいえ、何人もの­活動家がこのことを報告してきたし、アメリカ政府と
サウジアラビア政府が関与していた、まさに偽旗のテロ攻撃であったことが、はっきりと­証明されてもいる。
もしかしてツインタワーの破壊は、2001年9月11日に実行されるよう十分に計算さ­れていたのか?
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは­何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪­のない民衆であることだ。