menu

2017年6月21日水曜日

古代の核戦争と現在の危険、コスモスのDNA、エイリアンと政府、シェルター

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3つの部分に分かれています***

人類の大部分が、地球よりも地球外の遺伝的起源に属している...コスモスのDNAを持つ文明でありながら、今なお独裁的なエリートに支配されているなど、どうしてあり得るのか?彼らはかなり昔から現在に至るまで、ひどく狡猾にも、王室や政府のトップの座に就くことのできた者達で、そうして私達を統治し、戦争や侵略を行っている。
では、ソドムとゴモラの場合のように、地球のいくつもの地帯であった巨大な核戦争について、あるいは古代インドのモヘンジョ・ダロ、ハラッパーにおける、核兵器による破壊や、同様にスコットランド、又はエジプトの中央高原や、ブラジル、地球の多くの他の場所については、何が判っているだろうか?
そこでは、放射能レベルの高い、ガラス化した広い土地と灰の跡が発見されており、何世紀も前に猛烈な原爆の爆発があったことを科学的に裏付けている。もしかして、古代文明において既に起こったような、核による大量殺戮がくり返されるのだろうか?それとも人類は、日増しに増大する破壊の危険をくつがえすことができるのか?
光の存在達は何世紀もの間、あらゆる手段で放射線の漏れや核戦争がないよう試みてきたと知る必要がある。というのもそれは何百年もの間、恐ろしい影響をもたらすとよく知っているからだ。
もしかして、星の部隊と、コスモスから彼らを支える多様なコマンド部隊は、私達の惑星地球で恐ろしい核戦争が起こらないよう、措置を取り続けており、それゆえ私達の上空にも、また国際宇宙ステーションにも、現れ続けているのか?恐らくそれゆえ、極めて急速に、多くの億万長者が地下壕や避難所を作ったり、至る所で島を買ったりして、確実に自分達には何も及ばないようにしたがっているのか?もしかして私達は、予測不可能な影響を及ぼす恐ろしい大虐殺の寸前にいるのか?


2017年6月12日月曜日

テロ、軍事化、中東、カタール-イラン、トランプ-サウジアラビア、インターネット

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が2つの部分に分かれています***

日を追うごとに、とりわけテロ襲撃に関することについて、統治者達に対する信用が失われている。というのも、国民に安全をもたらすどころか、結局は至る所で起こっているテロを防ぐことができずにいるからだ。これより、帝国主義の深層国家は、陰鬱な闇の背後にあるものに気づいていない民衆に対するコントロール権を維持するべく、必死になっているように思える。
だが、社会に対する深刻な行為はなぜ生じるのか?テロが止まらないと判っているのに、ひどい怠惰があるのか、あるいは他のさらなる何かがあるのか?
それでは、諜報機関は何をしているのか?テロリストを追跡し、市民に治安をもたらす目的で作られたのではなかったのか?もしくは、今や町の軍事化がその目的であり、フランスに、そして今や英国に起こっているように、多くの襲撃や偽警報などをもって、一般化された恐怖を生み非常事態の下に人々を閉じ込めていくためなのか?
あるいはそれは、テロに対し、警察と軍人に、より力を与えるための偽装なのか?ところが、それらの政府こそがテロを生みだし、全世界に広げることにより、あらゆる所で不和と苦しみの種をまいているのではないのか?
ではこれは、テロリストから自衛し、同様にニューヨークのワールドトレードセンターのテロに対し、サウジアラビアと対峙するためだとして、イスラム教の七ヵ国からの移民に対し、アメリカ大統領が作成した入国禁止令と関係があるのか?ところが彼は、テロリストだと強烈に非難していたこの同じ国へ、途方もない量の武器を売る目的をもって、旅行したのだ。
もしかして、その背後に闇の力が存在しており、中東のその地帯で戦争を激化させようとしており、そのためカタールも巻き込みつつあり、イランへの侵略を試みようとしているのか?