menu

2013年3月31日日曜日

侵略者エイリアン達の支配と 新世界秩序

この「アルシオン・プレヤデス第4部

において、極めて重要ないくつかの点について掘り下げることが、大いに必要だと私達は考えている。その主な理由は、、「闇の支配者達

レチクル人−ニビル人、およびそのハイブリッド達が「その破壊的な行動計画」を進め続けており、明らかに抵抗し、人間、コスモス、地質学的側面において無数の「鈍化」を地球にもたらしているからだ。それゆえ、未だ私達が入り込んでいるこの「長く暗いトンネル」の「決定的な出口」が見えずにいるのだ。私達はただ、大量の「地球全体」を取り巻く「干渉」、脅威、驚き、また挑発的で不快な「無数の危機的状況」を目にしているのみである。

では、これら人間の尊厳を「強力に操作している者達」は、何者なのか?

その主な者達は、「ロスチャイルド家、ロックフェラー家、J.P.モルガン、ウィンザー家、ゴールドマンサックス、ハリマン、ワールブルク、カーネギー、シフ、スティルマン等」である。彼らこそが、人類の富を全て支配した者達であり、同時にまた「新世界秩序(NWO)の創設者達」でもある。

彼らの権力や野心的な支配に「公然と反対した」者達はごく僅かであり、一部の人々が「反抗した」時には、エイブラハム・リンカーンやジョン・F・ケネディ大統領のように、「卑劣な形で暗殺された」。

私達が「ビデオの第3部」で述べたことを忘れてはならない。「支配者エイリアン達」が作り上げた強烈な地上、そして人間的妨害のため、「銀河連盟」は予防措置として、「太陽アルシオネの光子の環」に完全に入る前に「時空間の隙間」、一種の「辺獄−待機」に「私達を入らせた」。

これは、「巨大な(レーザー光線の)ホログラム

、すなわち叡智と愛をもって創造されたエネルギーの覆いであり、私達がその高い「マナの光」の周波数に入る時に「衝撃−ショック

とならないよう、また「無の地帯」の強烈な衝撃によって起こると誰もが予測していたひどい「苦しみ−トラウマ」もひどい苦悩も感じないよう、作られたものだ。