menu

2014年1月22日水曜日

エリート-NWOによる世界の絶滅とナチスの遺産

私達は、歴史上最も困難な瞬間を迎えている。問題は、私達が前向きな変化への決定的な一歩を踏み出さないうちは、エリートの恐ろしい絶滅の意図全てが、地球全域で極めて明らかになるだろう、ということだ。
それゆえ、最近これほど続いて、火山や地震の増大、火災、極寒、継続的な放射能漏れといった多くの災害が起こっているのだ。もしかして、ハアプ、ELF波、グウェン、ケムトレイル、フラッキングといった手法を通して為される無数の人工的な変更のせいで、もはや自然はコントロール不可能なのだろうか?
私達を最大限削減しようと試み、隠蔽された戦争や罪のない人々の大量殺戮、惑星を放射能で汚染することに加え、彼らがまだ行っておらず、私達を大規模に害するために準備されている、さらなる何かがあるのだろうか?
私達はまだ、私達を憎む異星人達の手中にあることを忘れないようにしよう。彼らは、はるか昔から常に私達を奴隷化し、そして消滅させたがってきた。このことは、第二次世界大戦の間、ナチス・ドイツ、ファシズムのイタリア、そして帝国主義の日本によって為された蛮行に見ることができる。
だが、はたしてこれらの残虐行為は過去のものとなり、永遠に解決したのだろうか?