menu

2014年11月20日木曜日

世界的破綻のための行動計画とアメリカ政府の閉鎖

欧州連合やアメリカも、同じく大国日本、ロシア、中国も、強烈な債務、危機、ひどい経済不況に見舞われていると、理解するのは重要である。

そして、たとえ危機を脱しつつあると言われようと、それはひどい詭弁−偽りである。なぜなら全てが途方もない規模の破産へと向かっているからだ。

なぜ、そのことを大衆に知らせないのか?もしかして、さらなる金融面のパニック、
取引の混乱、株の下落を回避し、資金の流出や、顧客が銀行からお金を引き出していることを隠し、そうして激しい社会的放棄や政治的破綻を阻むためだろうか?

真摯な経済学者達によると、 債務がその避けがたい不履行の限界を超えるのを待つばかりであり、そうして崩壊をもたらし、ベイル−インすなわち世界的な債権者の債務負担を行うことになる。キプロスに対し、試験−反応として行ったように、これを今やアメリカ連合において行おうとしているのだ。

専門家達によると、アメリカの公的債務の額が、歴史上初めて17兆ドルを超えたという。
私達が視野を広く持ち、彼らがあらゆる人々を利用しており、私達がどこまで耐えられるのか見ようとしていると気づくことが適切なのではないか?

またアメリカ政府の経済破綻とその不意の閉鎖に関して、その資金凍結は、一時的に解決したとはいえ、ポジティブで継続する結果を出すだろうか?それとも、進行中の火のついた爆弾のようなもので、本当にまもなく爆発し、世界中を破綻させるのか?