menu

2014年11月20日木曜日

私達のDNA-RNAの向上と光の人々

光子−光の地上への到達がさらに強まるにつれて、多くの物事が修正され、私達のあらゆる面が隠しきれなくなり、各自が選んだ道に応じて、いずれかの方向にむけて意識が目覚めるだろう。
それゆえ、私達がこの辺獄−浄化する煉獄の移行期にいる間、保護部隊の人々が、この上なく緊急に徹底的に準備する重要性について私達に指示しており、最も緊急なのは、前向きで、愛情深く、団結心や共感を持つこと、また重さを軽さに変える術を覚えることだ。
同じく、強烈な放出−吐露に陥らないよう、反動的−妨害的−不穏な状態を生きないようにすることもそうだ。これらはまさに、慎重さや敬意、賢さをもって振舞うことを知らない大多数の人に起こっている。

また、多くの経験してきた事実は、意図的な陰謀−誘発によるものであり、私達を彼らが発する低い周波数に常に捉え続けておく目的で、計画されている。
その支配的な光に反する力に対抗するために、何世紀もの間私達を捉えてきた束縛から自由になるために戦い、地球全域でその遺伝的な振動の変化が起こっている間に私達が正統な権利を有する星の遺産の回復を試みるべきである。そうすることによってのみ、古来より私達に属する、かの[「魂−意識の自由」]を達成するだろう。

実際、地球全域で変化が生じており、その背後には定義する光子のエネルギーが存在し、光子が私達の立場−欲望−嗜好を具体化するべく駆り立てているのだ。それは、光あるいは闇のどちらかと、それがもたらす全ての方へと向けられている。

これは、全ての人類が等しく経験している状況である。それゆえ、私達が執着し、庇護を求め、文句を言う、あるいは助けを求めようと試みる場所はなく、唯一の真実は、各自が感じ、他者に対して抱き得る同調−融合のみなのだ。