menu

2015年5月18日月曜日

人種間の憎悪、ユダヤ主義−イルミナティとMKウルトラ、拡大する紛争

肉体−心理および内面の向上において、立ち止まらないことの必要性について掘り下げる­意図をもって続けるが、有能に−前向きになるべく努力することが不可欠だ。というのも­、それが確信や推進力、モチベーションをもたらす上に、また略奪者である帝国の重苦し­い−反対のエネルギーに抵抗させるからだ。彼らはその臣下である無慈悲なハイブリッド­達と共に、世界全般を破壊しようとしている。

そしてこの状況において、地球が被っている被害に加えて、また人種間の憎しみや反ユダ­ヤ主義の増大の方へと、全てが向かっているのを私達は目にしている。これは、第二次世­界大戦の初期段階と同じ方向に進んでいる。
だが、いかなる政府の介入も受けず、また制止されることもなく、公然と増大している、­これらの狂信的な人々や過激派、外国人排斥主義者らの運動の真の原因は何か?

もしかして、帝国の新たな戦略は、いかなる国も平穏ではいられなくさせるべく、今やイ­ランの侵略を試みることなのか?なぜイスラム国ISとその新たな同盟者ボコ・ハラムが­拡大し続けており、神殿や教会、モスク、史跡を破壊し、民間人を殺し、世界中を脅かし­ており、その一方で各国政府は沈黙するか、人々を怯えさせるべく、それを伝えるのみな­のか?
決して私達に伝えられない出来事の真実とは、何なのか?