menu

2020年3月4日水曜日

コロナウイルス、イベント201、パンデミック、武漢, 細菌戦、監視、ワクチン、5G

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***
咳や発熱、呼吸困難等といった症状と共に肺炎の発症を招く新型コロナウイルス(COVID-19)は、既に死者約3,000人、感染者はほぼ90,000人に近づいている。その大半は、感染症の発生の起源であり震源と思われる武漢市に集中しているが、ウイルスは中国から抜け出し、もはや世界の大半の国に及んでおり、多数の人々を隔離状態にさせている。
では、この急速に広がるウイルスの起源は何か?珍しい動物が密売されていると言われる、武漢の海産物市場と係わりがあるのか?あるいはコウモリを介して伝染するのか?もしくは生物兵器の研究所に由来する、変異したウイルスであり得るのか?未だに現在まで、その感染性の強い致命的なウイルスの起源は特定されていない。
「世界的流行病」に世界が備えるべきだとWHOは警告している。不安は多くの分野に及んでおり、この病気が広がる速さが、幾つかの国による中国との国境の閉鎖や、数多くのスポーツ大会、また政治および祭典行事の中止を、このアジアの国だけでなく世界中で引き起こし、世界規模で観光や経済にダメージを与えている。
では、医師や告発者らの奇妙な死については、何と言えるだろうか?なぜこのパンデミックにより、約1,800万人の感染と100万人以上の死が予測されると、何人もの専門家が述べているのか?またその僅か数か月前、ビル&メリンダ・ゲイツ財団によって組織された、偶然にも中国で生じた世界的流行病についてのシミュレーションについては?この全ては、世界レベルで民衆の監視を導入しようとする、NWOのアジェンダと何か関係があるのか?彼らが明るみにされるのを嫌う、その背後にあるものとは何か?