menu

2020年3月28日土曜日

致命的な新型コロナ、世界的封鎖、外出禁止、ワクチン、経済破綻

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***
中国を起源とするコロナウイルスもしくはCOVID-19は、急速かつ飛躍的に拡大しており、全世界で感染者が増大し、世界的パンデミックをもたらし、各国に手の施しようのない医療崩壊を誘発している。実際、2月以降ほぼ50万人が感染している
このことは、前代未聞の形での全住民の自宅待機を伴う、制限ないしは特例措置を確立するよう各国政府に強いてきた。だがそれだけでなく、決して見たことのない、世界経済における大きな衝撃や企業の閉鎖、失業、世界的な景気後退および債務不履行を伴い、何の役にも立たないパニックの場面を生み出している。はたしてこれは、世界中にばらまかれ、まき散らされている自然由来の感染症なのか、それとも実験室で人工的に作られた病原体ウイルスなのか?
なぜ、複数の調査が、この伝染性ウイルスCOVID-19が、2014年にパーブライト研究所の生命情報科学実験室で生み出された可能性を伝えているのか?どのような証拠があるのか?この研究所の背後には何者がいて、その望んでいることは何か?
この全ての背後に何があるのか?もしかしてコロナウイルスは、エリートや権力者が、更なるパニックを生み、後にいつものように救済者のごとく見せるために用いている道具なのか?というのも、製薬会社は一般化されたワクチン接種に遭遇することになるからだ。もしかしてこれは、世界的支配の国家を築き、全人類に向けて、隠蔽されていないあからさまな暴君的で権威主義の独裁政治を課そうとする手法なのか?では、人間的、社会的なレベルで前進するために、私達はいかにしてこの状況に向き合えばよいだろうか?


2020年3月4日水曜日

コロナウイルス、イベント201、パンデミック、武漢, 細菌戦、監視、ワクチン、5G

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***
咳や発熱、呼吸困難等といった症状と共に肺炎の発症を招く新型コロナウイルス(COVID-19)は、既に死者約3,000人、感染者はほぼ90,000人に近づいている。その大半は、感染症の発生の起源であり震源と思われる武漢市に集中しているが、ウイルスは中国から抜け出し、もはや世界の大半の国に及んでおり、多数の人々を隔離状態にさせている。
では、この急速に広がるウイルスの起源は何か?珍しい動物が密売されていると言われる、武漢の海産物市場と係わりがあるのか?あるいはコウモリを介して伝染するのか?もしくは生物兵器の研究所に由来する、変異したウイルスであり得るのか?未だに現在まで、その感染性の強い致命的なウイルスの起源は特定されていない。
「世界的流行病」に世界が備えるべきだとWHOは警告している。不安は多くの分野に及んでおり、この病気が広がる速さが、幾つかの国による中国との国境の閉鎖や、数多くのスポーツ大会、また政治および祭典行事の中止を、このアジアの国だけでなく世界中で引き起こし、世界規模で観光や経済にダメージを与えている。
では、医師や告発者らの奇妙な死については、何と言えるだろうか?なぜこのパンデミックにより、約1,800万人の感染と100万人以上の死が予測されると、何人もの専門家が述べているのか?またその僅か数か月前、ビル&メリンダ・ゲイツ財団によって組織された、偶然にも中国で生じた世界的流行病についてのシミュレーションについては?この全ては、世界レベルで民衆の監視を導入しようとする、NWOのアジェンダと何か関係があるのか?彼らが明るみにされるのを嫌う、その背後にあるものとは何か?


2020年2月18日火曜日

毒素、化学物質、ウイルス、照射食品、ホルモン、肉の摂取と虐待

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***

食事は、あらゆる生き物の成長における基本的な要素だが、それが自然ではなくなっており、保存料や農薬、人工調味料、着色料、遺伝子組み換えの為されたあらゆる種類の化学物質に満ちている。
現在、加工食品は、合成ビタミンや無機鉱物を含んでおり、これらの製品が滋養豊富で、より高い栄養価を有すると消費者を納得させる意図を持つ。しかしながら、同じく食肉は今や、大量の抗生物質や肥育および成長ホルモン、保存料、その他の有害な添加物を含んでおり、これは工業型畜産場の生産高を極限まで増大させる目的で考案された。
同様に、私達の体は健康や活気を得るべく設計された。だが不健全な食習慣や生活スタイルは、多くの健康の問題を引き起こす。というのも、病気の最も一般的な原因は、化学物質や農薬、添加物にまみれた食べ物より派生した毒素の蓄積、同じく大気や水辺、土壌に存在する汚染物質と関連しているためだ。
また、掃除用品や芳香剤、殺生剤、合成洗剤、化粧品、香水、缶詰食品の容器に隠された化学物質の危険もあり、合成化学物質は癌や生殖毒性、アレルギー等と関連付けられてきた。では、幾つかの食べ物における、ウイルスをもって操作された遺伝子組み換え食品や石油を含む食品については何が言えるだろうか?また肉の摂取については、工業型畜産場の動物達や、殺される前のひどいストレスないしは苦痛にさらされる動物達の肉を摂取することは、健康にどのような結果があるだろうか?


2020年1月18日土曜日

ディワーリー、インドの神々、4つの時代ユガ、バイオフォトン、量子の共同製作

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が四つの部分に分かれています***

世界中の多様な多くの文化が、その伝統において、プレヤデスとの関係を祝っている。なぜ古代の人々は、プレヤデスにそれほど感銘を受けていたのか?またなぜ古代インドにおいて、また現在でも、あらゆる所で光と花火が際立つ祭りが行われるのか?何世紀も経て、庶民の記憶が消えたとしても、実際その全ては、この太陽系にアルシオン太陽が入るという、はるかな伝統に由来する。
それゆえ、ディーワーリーはインド全土で祝われ、インドの新年を象徴しており、全ての住民が最大限の献身をもって待ちわびている祭典なのだ。というのも、闇に対する光の勝利、無知に対する叡智の勝利が祝われるからだ。そしてこれは、様々な周期的な期間もしくは宇宙の時代、ないしはユガにおいて、起こってきた。ブラフマ、ヴィシュヌ、シヴァといった神々がアスラ族と闘った時代、同じくその後のクシャトリヤによる闇との闘い、バラタ族の大戦、さらにはラージプートの時代、ポルスやパドマ―ワティ王妃、バージー・ラーオ、そしてインドの支配に対して戦った後の英雄達、マンガル・パンデーやマニカルニカーの例が挙げられる。
この全ては、現在の私達や、科学が見出しつつある、バイオフォトンを生み出し、発信する私達の能力と関係しているのだろうか?というのも、原子や分子に加えて、また人体が発する一定量のバイオフォトンも私達は有すると述べる科学者達が存在するからだ。
私達がバイオフォトンを介して受け、栄養をもらっている光の起源は、太陽だと忘れてはならない。そして太陽は同時に、プレヤデスのアルシオン太陽と結びついている。なぜなら私達の太陽は、プレヤデス星団に属する七つの太陽のうちの一つであるからだ。すなわち、私達はプレヤデス自体と直接の絆を有するのだ。その理由から、普遍のマクロコスモスに参加し、またより軽く進化した人生をもって新たな運命の共同製作者となるべく、進化できるよう、多くの古代の文化や文明が、常に熱心に敬意を持ってこれを敬ってきた。