menu

2020年6月13日土曜日

抗議・暴動、新常態、破綻、ローン・救済、未払い・債務

****音声入り新フォーマット ****
***このドキュメンタリーは、二部構成になっています***
世界が私達の周囲で変化しつつあることは、疑いない。そこでは世界経済の行方がますます余談を許さない状態になっており、また止めどなく増大する混乱した事実が存在する。それは、状況に対処できなかった、あるいは対処したがらなかった政治家階級や堕落した医師達、および経済危機に対する 不満を表明する抗議や暴動であり、世界中に拡大する蛮行や略奪を伴う、市民や警察のさらなる暴力が存在する。
だが日増しに制御を失うこれらの暴力的な抗議の背後に潜んでいるのは、何者なのか?それらは許しを乞うべく人々を強制的にひざまずかせており、それが世界中で支持されている。もしかして、社会の混乱を引き起こし、そうしてアメリカの現大統領の再選を妨げるための陽動作戦の一端なのか?
実のところ、名高いウイルスは世界経済を停滞、破綻させ、より深い社会構造を生む口実となっており、加えて新世界秩序(ないしは新常態)に向かわせ、同じく世界を大量失業やビジネスの閉鎖、債務の滞り、世界的破綻、ローンの未払い、飢え、極端で絶望的な貧困化のスパイラルに陥れるべく用いられてきた。そして第二次世界大戦以降、最悪の人道的危機において私達を完全な崩壊へと導いている。
そして日増しに増大する大量の紙幣を刷ると言われる。だが、架空のお金である。実際これらの提供は後に、支配やコントロールへと債務国を従わせる負債の罠なのだ。これより、私達は現代史上最大の山場を迎えていると理解できる。一方で、諸銀行やIMFが、世界銀行や連邦準備と共に、多くの国々を救済するべく莫大な量の資金を提供しようとしている。はたしてごく僅かしか知られていない背後にあるものとは何か?その狡猾な計画や世界経済や結果として全世界を麻痺させ得る後ろ暗い意図は何だろうか?


2020年5月29日金曜日

新たな貧困-飢え、マスク-疎遠、再発、畜産業の閉鎖、人種差別

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二つの部分に分かれています***

Sars-Cov2と呼ばれる、見えない敵とされるものに直面し、世界中がどうにか生き延びようと怯えており、そのロックダウンゆえに、わずか数か月のうちに、1929年の大恐慌をしのぐ世界的な景気の後退へと向かっている。その破綻は、世界の多くの国における何百万人というホームレスや確実な死へと向かっている貧困層にとってのみならず、また少し前までは仕事を持ち、人並みに暮らせていた中産階級にも及んでいる。大衆の強迫観念によるその偽の脅威の多くの証拠が存在するものの、同じく一日2ドル足らずで何とか生活する25億の人々にとって、新たな感染症ウイルスの衝撃は、災いとなり得る。
この新たなドキュメンタリーでは、未曽有の健康危機の背後にある事実や欺瞞について、またいかにして恐れを通して、私達から基本的な自由を放棄させ、健康や世界経済を脅かしつつあるのかを明るみにしている、世界中の政治家や各国の首脳、弁護士、科学者、医師、免疫学者、研究者の証言を分析している。
では実際、隔離や私達に課されるソーシャル・ディスタンスといった措置は、効果があるのか?それは孤独感や孤立、日光浴の禁止を伴う。だが日光浴は免疫システムや動作の制御、私達の自由の喪失にとって必要不可欠である。
あるいは、その目的は人類の90%削減することであり、同時に人工知能の埋め込みやキャッシュレスシステム、ついには世界政府を介して独裁的な支配を容易にすることなのか?なぜなら、見られているように、供給停止や食糧の運搬、精肉工場の閉鎖、生産ラインの崩壊が、世界中の家庭全体に空前の食糧危機や栄養失調、飢餓を生みつつあるからだ。


2020年5月4日月曜日

ノアの方舟、抗議、B.ゲイツ、マイクロチップ、飢餓、WHO、ワクチン、人口削減

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二つの部分に分かれています***

世界を襲う新たなパンデミックの問題は、止まることなく増大する死者数を私達に示している。だが、死亡率の大半は、他の病気に由来している。というのも、コロナウイルスの患者の94%が他の健康問題を患っていたからだ。しかしながら、結果を膨らませ、また恐れを吹き込む強い必要性があるかのようなのだ。というのも、加えて隔離や外出禁止の措置には、主に肉体や精神、経済的にたくさんのネガティブな影響があるからだ。それゆえ世界中で多くの抗議が見られ、またその背後にある隠蔽を告発している、非常に高名な活動家や科学者、医師、ウイルス学者がいるのだ。
述べているのは、分子生物学者ジュディ・ミコヴィッツやアメリカのウィリアム・バー司法長官、弁護士のロバート・フランシス・ケネディ・Jr.、ドイツの疫病学者クヌート・ウィトコフスキー、分子生物学者ブルース・リプトン、ノーベル医学賞を受賞したフランスの生物学者で医師のリュック・モンタニエ、調査ジャーナリストのヴァネッサ・ビーレイ、デンマークの医師で科学者のピーター・ゲッチェ、オーストリアのジャーナリスト、ジェーン・ブルゲルマイスター、医師で研究者のジョゼフ・マコーラ、作家ダニエル・エストゥリン、その他全世界の多くの科学者の証言や情報を伴う、深い分析のことだ。
だが、その起源を誰も知らず、また地球全域でこれほどの惨状を引き起こしている、このパンデミックの背後に実際に潜んでいるのは何か?
もしかしてこの全ては、無防備で従順な人類に対する支配の模索と関係しているのではないか?その一方でWHOは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団やロックフェラー財団、フォード基金、ロスチャイルド・グループその他といった、それを資金援助するエリートと共に、何としても強制ワクチン接種を施そうとしており、彼らがでっちあげたパンデミックの口実の下に、マイクロチップを含む有害な成分の導入や人口削減、および情報を持たない全人類のコントロールのアジェンダを遂行する試みを行おうとしているのか?


2020年4月14日火曜日

現在および歴史上のパンデミック、君主制、貧困、隔離、世界危機

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***
歴史を通じて、ひどい疫病がいくつもの国々の経済や生命を破壊してきた。これには、それらの厄災のために亡くなった、歴史上の著名人も含まれる。そして現在私達に起こっていることは、世界中で同様に起こっている。古代のアテナイの疫病に始まり、コレラやチフス、天然痘、黒死病、スペインかぜ、その他の無数の厄災が、世界中で何百万人の死者をもたらしてきた。
だが、技術や科学が進歩したこの期に及んで、世界中に蔓延するこの致死性の株を治療する決定的な解決策がまだないなど、どうしてあり得るのか?では、貧困や困窮、暴力の増大については、何が言えるだろうか?強制された隔離のせいで、それらが加速しているのか?はたして不安や恐れの状態を生むほど、この極端な対策には根拠があるのか?その間も、大勢の罪のない人々が亡くなっており、その中には1万人以上の高齢者が含まれる。もしかして、非人間化が力をつけつつあるのか? さらに、ごく短い間にこの数字ははるかに大きくなると予言されている。だが何より驚かされるのは、統計が現実と一致していないことだ。
またおそらくは、秘密の動きが存在しており、その一方で世界の経済システムが破たんしつつあり、この途方もない危機の勝利者は、大企業となるのか?そして他方では、新たなデジタル通貨と共に、新しい技術のデジタル化に備えているのか?もしかしてウイルスは、実のところ研究所で作られたのか?それとも、エボラやHIVといった他のものについて言われているのと同様に、生物兵器なのか?あるいは、至る所に設置されつつある、高い電磁放射線の衛星網のアンテナや、もしくは地球工学やそのナノ粒子と、何らかの関係があるのか?
私達は決定的な形で深刻な結果を伴う、社会及び経済的な大惨事を経験しつつあり、出来事に警戒しているべきだ。


2020年3月28日土曜日

致命的な新型コロナ、世界的封鎖、外出禁止、ワクチン、経済破綻

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***
中国を起源とするコロナウイルスもしくはCOVID-19は、急速かつ飛躍的に拡大しており、全世界で感染者が増大し、世界的パンデミックをもたらし、各国に手の施しようのない医療崩壊を誘発している。実際、2月以降ほぼ50万人が感染している
このことは、前代未聞の形での全住民の自宅待機を伴う、制限ないしは特例措置を確立するよう各国政府に強いてきた。だがそれだけでなく、決して見たことのない、世界経済における大きな衝撃や企業の閉鎖、失業、世界的な景気後退および債務不履行を伴い、何の役にも立たないパニックの場面を生み出している。はたしてこれは、世界中にばらまかれ、まき散らされている自然由来の感染症なのか、それとも実験室で人工的に作られた病原体ウイルスなのか?
なぜ、複数の調査が、この伝染性ウイルスCOVID-19が、2014年にパーブライト研究所の生命情報科学実験室で生み出された可能性を伝えているのか?どのような証拠があるのか?この研究所の背後には何者がいて、その望んでいることは何か?
この全ての背後に何があるのか?もしかしてコロナウイルスは、エリートや権力者が、更なるパニックを生み、後にいつものように救済者のごとく見せるために用いている道具なのか?というのも、製薬会社は一般化されたワクチン接種に遭遇することになるからだ。もしかしてこれは、世界的支配の国家を築き、全人類に向けて、隠蔽されていないあからさまな暴君的で権威主義の独裁政治を課そうとする手法なのか?では、人間的、社会的なレベルで前進するために、私達はいかにしてこの状況に向き合えばよいだろうか?


2020年3月4日水曜日

コロナウイルス、イベント201、パンデミック、武漢, 細菌戦、監視、ワクチン、5G

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***
咳や発熱、呼吸困難等といった症状と共に肺炎の発症を招く新型コロナウイルス(COVID-19)は、既に死者約3,000人、感染者はほぼ90,000人に近づいている。その大半は、感染症の発生の起源であり震源と思われる武漢市に集中しているが、ウイルスは中国から抜け出し、もはや世界の大半の国に及んでおり、多数の人々を隔離状態にさせている。
では、この急速に広がるウイルスの起源は何か?珍しい動物が密売されていると言われる、武漢の海産物市場と係わりがあるのか?あるいはコウモリを介して伝染するのか?もしくは生物兵器の研究所に由来する、変異したウイルスであり得るのか?未だに現在まで、その感染性の強い致命的なウイルスの起源は特定されていない。
「世界的流行病」に世界が備えるべきだとWHOは警告している。不安は多くの分野に及んでおり、この病気が広がる速さが、幾つかの国による中国との国境の閉鎖や、数多くのスポーツ大会、また政治および祭典行事の中止を、このアジアの国だけでなく世界中で引き起こし、世界規模で観光や経済にダメージを与えている。
では、医師や告発者らの奇妙な死については、何と言えるだろうか?なぜこのパンデミックにより、約1,800万人の感染と100万人以上の死が予測されると、何人もの専門家が述べているのか?またその僅か数か月前、ビル&メリンダ・ゲイツ財団によって組織された、偶然にも中国で生じた世界的流行病についてのシミュレーションについては?この全ては、世界レベルで民衆の監視を導入しようとする、NWOのアジェンダと何か関係があるのか?彼らが明るみにされるのを嫌う、その背後にあるものとは何か?


2020年2月18日火曜日

毒素、化学物質、ウイルス、照射食品、ホルモン、肉の摂取と虐待

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***

食事は、あらゆる生き物の成長における基本的な要素だが、それが自然ではなくなっており、保存料や農薬、人工調味料、着色料、遺伝子組み換えの為されたあらゆる種類の化学物質に満ちている。
現在、加工食品は、合成ビタミンや無機鉱物を含んでおり、これらの製品が滋養豊富で、より高い栄養価を有すると消費者を納得させる意図を持つ。しかしながら、同じく食肉は今や、大量の抗生物質や肥育および成長ホルモン、保存料、その他の有害な添加物を含んでおり、これは工業型畜産場の生産高を極限まで増大させる目的で考案された。
同様に、私達の体は健康や活気を得るべく設計された。だが不健全な食習慣や生活スタイルは、多くの健康の問題を引き起こす。というのも、病気の最も一般的な原因は、化学物質や農薬、添加物にまみれた食べ物より派生した毒素の蓄積、同じく大気や水辺、土壌に存在する汚染物質と関連しているためだ。
また、掃除用品や芳香剤、殺生剤、合成洗剤、化粧品、香水、缶詰食品の容器に隠された化学物質の危険もあり、合成化学物質は癌や生殖毒性、アレルギー等と関連付けられてきた。では、幾つかの食べ物における、ウイルスをもって操作された遺伝子組み換え食品や石油を含む食品については何が言えるだろうか?また肉の摂取については、工業型畜産場の動物達や、殺される前のひどいストレスないしは苦痛にさらされる動物達の肉を摂取することは、健康にどのような結果があるだろうか?


2020年1月18日土曜日

ディワーリー、インドの神々、4つの時代ユガ、バイオフォトン、量子の共同製作

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が四つの部分に分かれています***

世界中の多様な多くの文化が、その伝統において、プレヤデスとの関係を祝っている。なぜ古代の人々は、プレヤデスにそれほど感銘を受けていたのか?またなぜ古代インドにおいて、また現在でも、あらゆる所で光と花火が際立つ祭りが行われるのか?何世紀も経て、庶民の記憶が消えたとしても、実際その全ては、この太陽系にアルシオン太陽が入るという、はるかな伝統に由来する。
それゆえ、ディーワーリーはインド全土で祝われ、インドの新年を象徴しており、全ての住民が最大限の献身をもって待ちわびている祭典なのだ。というのも、闇に対する光の勝利、無知に対する叡智の勝利が祝われるからだ。そしてこれは、様々な周期的な期間もしくは宇宙の時代、ないしはユガにおいて、起こってきた。ブラフマ、ヴィシュヌ、シヴァといった神々がアスラ族と闘った時代、同じくその後のクシャトリヤによる闇との闘い、バラタ族の大戦、さらにはラージプートの時代、ポルスやパドマ―ワティ王妃、バージー・ラーオ、そしてインドの支配に対して戦った後の英雄達、マンガル・パンデーやマニカルニカーの例が挙げられる。
この全ては、現在の私達や、科学が見出しつつある、バイオフォトンを生み出し、発信する私達の能力と関係しているのだろうか?というのも、原子や分子に加えて、また人体が発する一定量のバイオフォトンも私達は有すると述べる科学者達が存在するからだ。
私達がバイオフォトンを介して受け、栄養をもらっている光の起源は、太陽だと忘れてはならない。そして太陽は同時に、プレヤデスのアルシオン太陽と結びついている。なぜなら私達の太陽は、プレヤデス星団に属する七つの太陽のうちの一つであるからだ。すなわち、私達はプレヤデス自体と直接の絆を有するのだ。その理由から、普遍のマクロコスモスに参加し、またより軽く進化した人生をもって新たな運命の共同製作者となるべく、進化できるよう、多くの古代の文化や文明が、常に熱心に敬意を持ってこれを敬ってきた。