menu

2014年2月20日木曜日

ヒトラーは死んだのか、それとも南米へ逃亡したのか? 現在のナチスの遺産

第二次世界大戦終了後にナチスが行った多くのことにまつわる秘められた謎について続けるが、特にブラジル、パラグアイ、アルゼンチン、チリといった一部のラテンアメリカ諸国に多くの関心があった理由は何か? もしかして戦争に負けた場合のために、何かを前もって準備していたのだろうか?それとも、見つからないようさらに陰に隠れた形で、その体制が確実に引き継がれるようにしたかったのだろうか? もしかしてその目的は、中でも再びその強力なアーリア人−ナチス主義の帝国の再興を試みることだったのか?

だが、これを準備したのは何者だろうか?もしかして、目に見える、および陰の政府の真の主人達であり、彼らが同時に古代における地球への到来以来、はるか昔においてもまた今現在も、信じやすく、無用心で操りやすい人々を利用して、操り-コントロールしているのだろうか?それらの忠実なしもべ達は、彼らに命令を出す上位のエリートの傀儡-操り人形なのではないか?

では、人間のふりをしたエイリアン達に関して、実在し、意識が眠っている人類をコントロールしている者達は、彼らだけだろうか、それとも他に、極めて強力な者達が存在し、その者達がナチス-ファシズムおよび第三帝国の時代より既に目に見える世界の思い上がった権力の主達を陰から指導していたのか?

だがこのことに加えて、アドルフ・ヒトラーはどうなったのか?彼は常に人々に信じさせたように、勇敢な独裁的統治者であるように思えたが、はたしてベルリンの占拠の際、彼の軍隊と共に死んだのだろうか?それとも、国際社会に知られていない、何か異なることが起こったのだろうか?