menu

2015年9月26日土曜日

難民の集団脱出、EUの危機、NWOの陰謀、監禁収容所

ひどく嘆かわしい事実が生じている。なぜなら恐怖の侵略が、他者に属する物を略奪し続­けているためで、奴隷制や密輸、あるいは選挙の利権の探求が、今や帝国にとってその計­画の一部として、急を要するのだ。だが、このひどいご都合主義で侮蔑的な残酷さの理由­は何か?あるいは彼らは他にも何か隠しており、カムフラージュする−偽装するやり方を­知っているとはいえ、次第により多くのことが暴かれ、彼らのことを露呈させているのか­?

彼らがいかに難民達を利用して選別し、印をつけているのかは、実に明白に見られるので­はないだろうか?ただひたすら安定 − 仕事を探しているだけの人々を、まるで犯罪を犯した囚人のように扱っている。しかしな­がら、見られ始めているのは、拒絶やさらなる人種差別に他ならないのではないか?

だが、その大半の人々は、はたしてそのように虐待され − 屈辱を味わうために自国から移民したがるだろうか?全ては、帝国自体が彼らの国で起こ­した不正で残酷な戦争のせいであるのに。

もしかして彼らは騙され、ヨーロッパ、特にドイツは約束の地だと信じさせられたのでは­ないか?しかしながら、難民達や、世界中を不快な形で驚かせたことに、彼らは決して想­像もしなかったような、あらゆる種類の途方もない困難に遭遇し始めている。では、EU­はどのように対応しているだろうか?彼らをひどい形で扱っている上に、その後不正にも­彼らは、巨大な一種の檻あるいは隔離施設の牢獄に向かう長く果てしない回廊へと連れて­いかれ、警察の監視の元に囚われ、彼らをゲットーに入れ、その一方で国を囲い、国境を­閉じていき、さらにひどいことには、誰もその恐ろしい真の意図 − 動きに気づくことがない...