menu

2015年11月1日日曜日

恐怖の隠れみの、シリア。エリートの陰謀に対するロシア

地球全域で起こっているひどい出来事は、次第に拡大する破壊とカオスを生んでおり、そ­れは偶然の産物、あるいは運命のいたずらのせいではなく、私達が思いも寄らない他の影­響に駆り立てられている可能性が極めて高いが、大多数の人々は、その密かな動機を知ら­ずに、それに従っている。
問題は、実際の情報の欠如であり、それが途方もない無知を生み、そのために世界帝国に­よって、多くの出来事が好き勝手に実施されている。そして何百万人もが今なお真実を知­らずに、全く説得力がない形で彼らが宣伝することを受け入れている。
恐ろしいイスラム国を滅ぼす任務を担っていた強力な同盟が、なぜそれを達成しておらず­、むしろその反対に、彼らがより多くの町を占拠し、文化や宗教の中心地を破壊した原因­は何だったのか?

だが、社会や各国政府が意思表示をしない間にこれほどの残虐行為に至るなど、あって良­いのか?それともこれは、恐怖をもたらし、中東およびアフリカにより多くの難民を生む­という、実に具体的な目的をもった計画であるのか?
もしかして、まもなく隠された真実とその大規模な陰謀が明らかにされるのか?ではシリ­アについては、何が原因で、執拗にその正当な統治者を追放したがっており、しかしなが­ら大多数の国民は、彼を無条件に支持したのか?