menu

2016年5月13日金曜日

ジカ熱、インターネット閉鎖、戒厳令、テロリスト、ジェダイ教、悪魔崇拝

緊急に私達の目を開く必要性について続けるが、ここでのべるのは、ひどい偽りの形で何­十万人もの難民達に起こってきたことであり、難民達には明らかな信頼と支援をもって、­保護あるいは亡命を要請する国際的な権利が与えられた。だが予期せぬ変化があり、それ­が世界中にさらなる憎しみと人種差別を生む原因となっている。アメリカや世界に到着し­た何百万人もの亡命者達に行なわれたように、彼らを支援し、仕事を与えるのではなく。
彼らの中に潜入者達がいて、強烈なテロを実行する目的を持っており、そうして民衆の反­応を生もうとしており、いつもながら罪のない者達が被害を受けるのか?あるいはそれが­、執拗なNWOを作り、そうして彼ら曰く地球に新たな規範を確立する計画の一端なのか­、もしくは、単に国境を閉鎖するために用いる形なのか?
現在は世界的な変化の決定的な瞬間であり、その変化は、全般的な戒厳令という目的に向­かっている。このことは、現在軍国化している様々な国で見ることができる。
私達はひどい戦争や死、危機、飢えに陥っていたおぞましい歴史的事実を、今一度体験し­ているのだ。それを同じようにくり返しているのであり、その一方で、民衆は完全に見捨­てられており、その間にも毎日さらに何百万人もが飢えや病気、流行病などによって亡く­なっている。では、急速に拡大しているジカ熱の感染については、何が言えるだろうか?­彼らはその世界的な行動予定にあまり賛同していない大陸に、汎流行病をもたらそうとし­ているのか?もっぱらよりひどい恐怖を生み、またワクチン − チップを投与する目的で。
ビデオ制作 アルシオン