menu

2021年4月4日日曜日

108:芸術的催しの中止、文化、祭典、伝統、抗議‐被害

 文化のない世界は、生気のない世界だと言わねばならず、人々を駆り立て、英気を養う文化・芸術、民俗的催しは、意義を作り出す。遺憾ながら、それらが地球全体で中止され、禁止されており、その一方で、不朽の作品が、消えつつあるか、ヴァーチャルや間隔を採る手法を余儀なくされている。

もしこの広範な文化セクターが、できる限り早急に復旧されないなら、回復が難しくなるだろう。なぜなら即座に解決しなければ、誰もが賞賛し、コンサート会場や劇場、公演、ダンス、祭典で楽しむ文化・芸術産業は、何百人ものアーティストや専門家、音楽家、ダンサー、歌手、また作家や劇作家、脚本家、オペレーター、編集者、技師、文化的組合と関係している一群の人々全体を含め、文化や芸術、興行の伝統を糧としているその家族全体が、共に破産しかねないからだ。

世界中でキャンセルや閉業、活動の中止をもって起こっていること全ては、民衆の発展にとって致命的な打撃である。これは、図書館や寺院、記念碑、博物館、その他多くを破壊して、何世紀も前から存在する文化および伝統を滅ぼす、闇の狡猾的な陰謀について言える。全ては知識を消滅させるためであり、そうして独自の形で歴史を書き直すのだ。なぜなら、この偽のパンデミックとその厳格な措置は、人類とその伝統的な価値観を破壊するアジェンダの一端であるからだ。それゆえ、私達は抗議し続けるのをやめるべきではない。他方、人々が野蛮さや、文化・社会的価値観の衰退に陥らないように、文化を保ち続けられるよう政府に求めて、この医療の暴虐や医療テロに反対する私達の声を届けるべく、声をあげて明確に話そう。

ビデオ制作:アルシオン・プレヤデス

****音声入り新フォーマット****

***このドキュメンタリーは二部構成になっています***



2021年3月21日日曜日

107:科学的詐欺、法的訴訟、市民の抵抗、反ワクチンの抗議

 今や、何も隠されておらず、全てがあからさまで、示されていると知るべきだ。人々はもはや、人類に対する陰謀の厚顔な性質を知らない訳ではない。それゆえ、人々に為されている取り返しのつかない害にまったく同意していない、何十万もの医師達や、さらには政治家達からも、これに対する非難が表明されている。そのため、この医療の暴虐とその医療テロに対し、私達が閉じ込められている不吉な監禁から出るべく、デモを行い、抗議するのを止めないことが、何より急を要する。なぜなら全ては、優生学主義の社会工学と、その偽の科学の一端であるからで、それゆえ、市民の抵抗が、道徳的義務に等しいのだ。

だが、闇のエリートとその製薬会社は、ワクチンを接種するよう民衆に奨励し続けて、集団接種を加速させようと努めており、さらに、何百万もの人々が、ワクチン接種による副反応について考慮に入れずに、職を失う恐れからワクチン接種を許している。これに関し、現在、医療従事者や警官、軍人らに投与されているアストラゼネカの実験的なワクチンは、ひどい副反応を起こしており、多くの者がワクチン接種を受けることを拒み、多くの国で中断されている。またちょうどワクチン接種の後に、ないしはワクチンに反対する発言をした後に、突然、奇妙な形で亡くなる人々のことが、告発されている。では、別のパンデミックについては何が言えるだろうか?つまり、治療を受けられずに悪化し、さらには医療機関で予約が取れず、手術や治療が中断されたために死亡しているケースさえあるが、余り話題にならない、無数の病気のことだ。

これら全てゆえに、世界中で様々な集団や、被害を受けた事業主、個人、医者、専門家、組合、さらには政党による、多くの告発や訴えが起こってきている。彼らはパンデミックのかじ取りの中で為された法外な措置の結果に対し、政府および厚生省、国際裁判所に責任を取るよう要求している。これらの集団デモのお陰で、次第に多くの国々で、権利や市民の自由の侵害に対し、さらなる前進を遂げている。


提供:アルシオン・プレヤデス


2021年3月7日日曜日

106: 現在と過去のUFO、光と闇の戦い、ニュルンベルク、ペスト、ISSでの目撃

 現在私達が経験している医療危機において、ロックダウンと時を同じくするUFOの目撃の増加が起こっている。実際、人々は眠っており、上空からたえず監視されていることに全く気付いていない。というのも、人類の行く末は全面的に、その生きる深刻な状態に私達がどう対処するか次第であるためだ。おそらくはそれゆえ、光の存在は、ある正確な時に出現しているか、あるいは最近見られたように宇宙ステーションの近くに現れているのだ。

カール・セーガンやエーリッヒ・フォン・デニケンのような作家による無数の証言が存在しており、彼らは古代におけるUFOの目撃や、またトゥリ・パピルスのようなエジプトの古代の文献の叙述、あるいは古代インドの文献のバガヴァッド・ギータやドローナの巻、もしくは天上の存在の間の戦いや空飛ぶ船のことを伝える北欧文化の物語について、描写している。またアレキサンダー大王の時代やローマ時代、中世などにおいても、奇妙なコスモスの現象の描写が無数に存在する。

同じく、戦争や、また何世紀もの間、ヨーロッパや世界で人類を襲った無数のペストおよび感染症と関連した目撃についての挿絵や写本が残っている。中でも有名な目撃は、カール大帝のものや、1561年のニュルンベルク上空の戦いなどだ。同様に、中国や日本の歴史家も、無数の民衆が目撃し、大きな災厄と関連付けられた空飛ぶ機械について叙述している。

現在私達を襲うウイルスのパンデミックによる感染者や死亡の増加と一致して、世界中でUFOの目撃が増大しているのは、偶然なのか?目覚め、闇と対峙する緊急の必要性を示しているのか?闇は、何としても私達を絶滅させようとするのみであり、このことは、有害なHAARPや地球工学、ブルービーム、その他多くの宇宙に関する秘密プログラムといった、エリートの大量殺戮計画に見て取れる。

実際のところ、多くの者が信じなくとも、私達は、闇やそのロボット的な技術と、そして神が私達を創造された通りの、独自の決断と価値を持った、感じ、考える人間である権利との間の、心理、精神、道徳面の第三次世界大戦のさ中にいる。その隷属を回避するためには、場を明らかにし、この最後の救済活動において、より責任感を持つ以外に選択肢はない。というのも、真の自由を手にするための決断は、私達の手にあるからだ。ましてや、天を仰ぎ、星々を観察することに、より注意を払う時間がたっぷりある今や、なおさらだ。


****音声入り新フォーマット****

***このドキュメンタリーは、三部構成になっています***



2021年2月5日金曜日

105: 休業、貧困‐飢餓、抗議‐医療の暴虐、MRNAワクチン、優生学

 闇のエリートのアジェンダや医療の暴虐が、同様か、よりひどくなって続いていると言わなければならず、このことは、誰もが同じアジェンダに則って動いていると知っているなら、驚きではない。そこには、全世界の共通の利益のための運営と謳うものをもって、世界の指導者達が国際関係や国の経済、新たなビジネスモデルを改編し、計画されたディストピア的な規範が、自由な社会に取って代わるように、闇の狡猾な勢力によって、かねてより練り上げられた陰謀が存在する。

これは私達が食べるものや、どこに仕事に行き得るのかを含め、生活のあらゆる側面をコントロールすることであり、大量の失業や、また中小企業の破産、世界的な経済破綻によって引き起こされた貧困や極貧の増大を達成しつつある。その一方で、世界権力の主は豊かになり続けている。だからこそ、私達は真実に目を開くべきなのだ。

それだけでなく、さらに監視社会を樹立したがっており、デジタル健康パスポートを課し、そうして実験的なmRNAワクチンの接種を強制しようとしている。このワクチンは、大量の死者や、その他のマイナスの、長期的な副反応を生んでいる。世界中の医師や専門家の告発にも関わらず、政府による医療の暴虐の措置を支持しない異論をかたくなに禁じて、表現の自由を廃止しようと模索している。その唯一の目的は、この人種が完全に尽きるまで、滅ぼすことだ。

この理由から、取り返しがつかなくなる前に、私達は快適さや無関心、受動性を脱して、馬鹿げた措置に対する不満を公に表現するべきだ。なぜなら傀儡政府の医療の暴虐が、その世界的大虐殺の計画を止まることなく進めているからで、拒否を伝えるための全般的な動員、および光に反する闇の者達がこの無防備な人類に行っている悪行と戦うことが、急を要するからだ。


提供:アルシオン・プレヤデス


****音声入り新フォーマット****

***このドキュメンタリーは二部構成になっています***



2021年1月25日月曜日

104: ワクチン拒否、死者/被害者、世界的な抵抗、アジェンダ21、増大する抗議

 私達は、人類にワクチンの接種を強制するための虚偽、医療テロのペテンに直面している。これは、世界の人口を削減する目的で、世界の最も強力なエリート達の手で綿密に計画された、体系的な絶滅に他ならない。それゆえ緊急の目覚めが必要だ。なぜなら私達が無意識のままであり続けるなら、彼らが課そうとしている操作や医療テロから抜け出すことはできないからだ。

子供達の健康を損ない、精神や感情のバランスを崩させているマスクの使用にせよ、ロックダウンとそれに伴う物理的な隔離の強制にせよ、正当な理由がない上に、私達の自由という人権の明らかな侵害を意味する。また私達に接種させたがっている有害なワクチンは、実験的なものであり、その有効性や安全性が証明されていない。というのも、死者や副反応による被害者が増大し続けているからだ。

それゆえ、その有害なリスクについて警告する、世界中で10万人以上の医師や科学者、ウイルス学者、生物学者、精神科医、免疫学者、細菌学者、遺伝学者、疫学者、様々な医療関係者が存在する。私達の権利に反するより厳しい制限措置を採るべく、扇動主義や操作、恐れに基づく強制や、情報の流布に対し、抗議する弁護士や法律委員会、裁判所も存在する。

深刻な精神および肉体、経済、社会的な被害をもたらす、それらの措置の目的は、アジェンダ21ないしはグレート・リセットを導入するための、人類の絶滅や人口削減である。そうして全体主義の国家を課すためだ。エリートはそれをもって、新世界秩序の導入を望んでいる。

これよりなぜ今まで以上に、決然とした揺るぎない抵抗が急を要するのかや、デモをやめないという緊急の必要性について、理解できる。そうして私達が自由な民主主義の社会であり、意見する権利をもっており、私達はワクチンに反対していると表明するためだ。


提供:アルシオン・プレヤデス


****音声入り新フォーマット****

***このドキュメンタリーは、二部構成になっています***



2020年12月19日土曜日

102: 恐れ、症候群、クリスマス中止、ワクチン、5G、感情的な賢さ、Jバイデン、第3波

 何ら致命的でないウイルスによる二度目のロックダウンを私達が経験する一方で、無数の人々が心理的に影響を受け、何百万もの人が、不確かさや恐れの増大と共に、厳しい経済的苦境に見舞われている。そこでは自由が奪われ、説き伏せ、丸め込み、執拗な形で、フェイクニュースの拡散をもたらしている。

また隷属的かつ従順な奴隷の新たなモラルを生み出していく、そのペテンにおいては、Covidによる死者数の水増しされたデータや、長期間のマスク使用の危険性の隠蔽、ないしは子供達に想定される害が存在し、そうして市民の尊厳や清廉さを脅かしている。

では恐れのパンデミックや、不安、うつ病、心気症、苦悩の増大についてや、また終わりのない健康危機の結果として増えており、メディアやテレビによって助長される、無数の症候群や神経障害については、何が言えるだろうか?可能な限り長い時間ロックダウンや自宅軟禁を維持することは、経済が悪化するのを目の当たりにすることによって、人々をひどく怯えさせ、怒らせ、不安にさせる。多くの者が、進んでワクチンを受けようとしているが、背後にある事実を知らずにいる。また世界を統治するサイコパスで小児性愛者、悪魔崇拝者のエリートの目的は、さらなるカオスや痛み、苦しみを至る所に生み出すことである。それゆえ、決意をもって団結するための土台として、感情的な賢さを伴う識別や認識の能力がある。なぜなら、人々はロックダウンや失業、不安定さに極めてうんざりしているからだ。しかしながら、政府は住民の疲弊をよそに、聞こえないふりをしている。実際に必要なのは、支援である。というのも、私達の行く末がかかっているからだ。彼らのアジェンダは、すべての人にワクチンを打ち、私達を感情や分別、魂・意識のないロボット的なゾンビと化すことである。では現在選ばれたアメリカの大統領で、小児性愛の傾向を持つ、悪魔崇拝のジョー・バイデンについては何が言えるだろうか?世界で最も強大な国で当選した新大統領のアジェンダとは何か?