menu

2019年3月17日日曜日

ニビル、惑星Xの帰還、人工のオウムアムア、信号、小惑星、太陽、DNA

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは内容が2部に分かれています***

惑星Xやマルドゥクなどとしても知られる惑星ニビルは存在するのか、私達にどのような影響があるのか?多くの科学者によると、それは私達の太陽系の軌道領域に近づいている木星の4倍の大きさの浮遊惑星であり、巨大なオールトの雲やカイパーベルトの中に隠れている。その一方でいつものように人類は、これが私達の人生にもたらすであろう結果を知らずにいる。
なぜ科学者らは最先端の衛星や無数の高解像度の望遠鏡を持っていながら、また古代のメソポタミアやシュメールで良く知られていた天体の話であるのに、その接近について、公然と表明していないのか?
判明している限りでは、それが戻ってきており、はるか古代に為されたように、今一度この惑星とその住民達のエネルギーを全て引き出すという卑劣な役割を担っている。そうして過去の時代に行ったように、私達の生命を、私達の持つ様々な生命エネルギーと共に吸い上げるのだ。同じく、私達のDNAに手を加える一方でハイブリッド化を行う目的で、全人類に遺伝子の面で干渉するという不吉な考えを抱き、私達が有していたゲノムの12本のらせんを、わずかに2本にさせ、それが、現在私達の持つ機能しているものとさせた。
だが加えて、ニビルが私達の惑星へのさらなる小惑星の危険な接近を誘発しているのか?では、小惑星オウムアムアは、どのような謎を秘めているのか?この小惑星は、多くの天文学者にとって、知的生命体により宇宙から操縦される、一種の宇宙探査機でありうる。また、パルス状に地球に届く深宇宙からの不思議な電波信号については、何がいえるだろうか?これらの兆しは全て、惑星ニビルの接近とその危険な影響と関係しているのだろうか?


2019年1月7日月曜日

人工物で空洞の月、クレーターでの現象、地下基地の建設

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***

私達の衛星である月は、常に考えられてきた通りではない。というのも、月にまつわる大きな謎や隠蔽を秘めているからだ。多くの研究や、それを裏付ける現象を見るなら、人類に莫大な力や影響を及ぼしている上に、ある具体的な目的で作られた人工の小惑星であることが、確認されている。
説明のつかない現象の例を挙げるなら、次のものがある。なぜ月は太陽系に存在する他の衛星とこれほど異なっているのか?他の衛星は全て、その回転する惑星よりはるかに小さいのに。またなぜ奇妙にも、楕円形ではなく円形という極めて異例の軌道を持っており、常に私達に同じ面を示しているのか?その鉱物については、なぜ地球のものと際立った違いがあるのか?食については、もしかして私達の謎めいた衛星は、実に正確な位置に配置されたのか、それは何の目的なのか?何者によって、またどのような技術をもって為されたのか?
絶対に暴露されたくない強烈な隠ぺい工作が存在することは、明白だ。もしそうであれば、真実を隠さなければならない強い動機があるはずだ。私達は月が天然の衛星だと常に信じてきたが、私達が昔から信じてきたその全てに対して深刻な疑問を提示する、より開かれた科学的論証も存在する。

実のところ、この興味深いドキュメンタリーを通して見出していくように、月は天然の衛星ではなく、人工物で、また加えて空洞で、金属製で、保護されていることが確認されているのだ。それだけでなく、さらに月のミッションで宇宙飛行士自体によっても観測されている、基地や建築物、地下施設、月のクレーターにおける奇妙な現象の存在を裏付ける証拠もお見せする。


2018年11月25日日曜日

アトランティス、レムリア、古代および現代の大惨事、人工知能、ロボット化

****音声付き新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***
アトランティスは地球全域に渡って分かれて存在していたことが知ることが重要だ。その人口の主要な中心はポセイドニアであり、多くの人種で構成されおり、彼らは、その黄金時代には、星の人々と密接なつながりを持っており、さらには彼らから極めて進化した科学技術の莫大な知識を受けていた。
全世界で、巨大なピラミッド、モノリス、棺、巨人の骸骨などの大量の証拠や痕跡、オーパーツが発見されてきた。なぜ地球に住んでいたこれらの巨人達が最終的にすさまじい災害によって滅亡したことを、公的機関は私達に気づかせたくないのか。あるいは、実際、彼らに大規模な破滅をもたらした堕落というより大きな理由が存在し、同時に地球は地理上および磁気上の極の新たな解氷を経験していたのか。
しかし、私達の民俗的、遺伝的起源はまた、アトランティスの前の、レムリアもしくはムーと呼ばれる、太平洋の中心に位置していた広大な超大陸と密接なつながりを有している。この大陸については、南米や、イースター島、モルディブ諸島、チベット、さらにはオーストラリア大陸自体までに、痕跡が残っている。もしかして、同様に社会の堕落のために、津波や火山の噴火、隕石、ハリケーン、地震によって壊滅したのか。
私達が推測できる限りでは、私達は人類全般を巻き込む類似した状況を目の当たりにしている。それゆえ、今起きている無数の災害、地震や竜巻、台風、サイクロン、同じく、全てを破壊する凄まじいハリケーンや暴風雨について述べているのだ。その一方で人類の大半が、これらの災害の結果を知らずにいる。さらには、既に他の時代で起こったような変化を伴う地磁気の変異の過程をこの惑星が経ている。もしかしてこれは、傲慢さゆえに、また内面の原則ならびに宇宙のコスモスの法を軽んじたために、滅びるはめになった古代文明と同じ過程を私達が辿っていることを示しているのだろうか。では、偉大な予見者らが何世紀も前から言及してきた通り、私達が終わりの時を迎えているなら、どのようにして差し迫る極めて不吉な災厄を阻み、軽減することができるのか。


2018年9月22日土曜日

大ピラミッド、スフィンクス、オベリスク、星の入口の技術、トーラスエネルギー

****音声付き新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***

謎めいたエジプト文明について、現代のエジプト学が私達に語ってきたこと全てが、現実と全く一致していないことは、何ら疑いない。現在まで全く知られていない、その並外れた技術の起源はどこにあるのか?巨大なピラミッドは、今日まで存続する、極めて正確になされた建築物であり、何百万もの石を切断し、動かせるだけの極めて進んだ技術を示している。
なぜ、従来の科学は、極めて明白なことを隠したがるのか?というのも、彼らが私達に信じさせたがっているように、当時の人の手によって建築されたことなど全くあり得ないからだ。
では2トンから70トンもある巨大な石のブロックを、230万以上も用いている、大ピラミッドについては、ファラオ、クフ王を埋葬するために作られたのか?それともその目的は、太陽や宇宙、星のエネルギーを獲得するためであったのか?

では、ピラミッドを守る静かなる番人を象徴している、古来の神秘の光輪に包まれた荘厳なるスフィンクスに関しては、何が言えるだろうか?なぜ、頭部の円形の穴や大ピラミッドに通じる地下トンネルの存在が無視されてきたのか?
もしかして当時の民族は、天文学的、および数学の完全な測量を具現する、地球外の高度な星の宇宙技術を有していたのか?もしかして彼らは、いくつかの壁画に見られるように電灯を用いていたのか?では強大なオベリスクについては、その一つ一つが有する途方もない重さを知るなら、当時の人間の手で建設されたなど、あり得るだろうか?
多くの研究者らによると、古代エジプトは、常に信じられてきた通りではなく、むしろ、実は天そのものの驚くべき反映であった。


2018年8月14日火曜日

エジプトと星の神々、ミイラの呪い、医学、シリウス、オリオン、シェムス・ホル

****音声入り新フォーマット****
***このビデオは、内容が三つの部分に分かれています***

数々の歴史家や考古学者、探検家らは、古代エジプトに存在する多くのことについて、現在まで解明できていない。壮大な悠久のエジプト全域に存在している、驚異的で巨大な像やオベリスク、ピラミッド、記念碑が、太陽や星のエネルギーの分野と密接に結びついており、住民達はそれらを利用する術を知っていた。
その壮大な文明の証拠として、地球最大の川、ナイル川沿い全域に散在する無数の都市・神殿の遺跡は、いかにして築かれたのか分かっていない壮大な文明の証拠となっている。
公式の科学は、数え切れない事柄を常に隠してきたことを思い出そう。その唯一の目的は、私達を無知なままにさせ、私達が地球全域で共有される無学と暗黒化に縛られることなのだ。
では常に語り継がれてきた、ミイラの呪いについては何が言えるのか?もしかしてエジプトは、未知の光のパワーによって維持されており、完全な正直さ、正しさの、極めて厳粛で、精神的なコスモスの正義の光に常に守られていたのか?ファラオ、ツタンカーメンの埋葬地、地下墓地の冒涜に係わった、何人もの科学者や考古学者等の異例の死の背後に何が存在するのか?
医学、天文学、星の整列、数学、工学において傑出した知識を有する民族…。
もしかして、それらの知識全てが、彼らの先祖、即ち古代エジプトの神々から受け継いた遺産であることを、彼らはよく知っていたのか?それらの神々は、何世紀も前に、シリウスあるいはオリオン座、またはプレヤデスそのものから下りてきたのであり、ギザのピラミッドや、同じく偉大な古来のスフィンクスの、星から来た設計者であったのか?


2018年7月7日土曜日

腐敗した政治家、傀儡(かいらい)政府、ソフトクーデター、移民

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3つの部分に分かれています***
私達は、誇張された前衛主義の規範が際立つ、この文明の終焉を迎えている。この現代主義の動向や退廃は、政府自体や堕落した統治者らに由来しており、それらはこの混乱や痛みが続くよう、しっかりと練り上げられてきた動きである。
 深刻な問題の一つは、アナログとデジタルの社会が生まれつつあり、人々に直接、感情をもって関係を築く能力を失わせていることだ。そして、もっぱらインターネットやワサップ、インスタグラム、フェイスブック、ソーシャルネットワークなどを介してそれを行うのみとなっている。全ては私達を眠らせておき、世界中で起こっていることに何も気づかせないためである。
この止められない心理、社会、世界的な退廃は、かつてはより擬装されていたが、今や厚顔にもあらわにしつつある態度をもって、スキャンダルと嘘にまみれて、この惑星を導いている統治者らと大いに関係している。それゆえ今や、彼らはこの使者の伝令の役割を行わせるべく、より若い者達を用いているのだ。
では世界中の不誠実で堕落した政府に関しては、何が言えるだろうか?公的資金を巻き上げ続ける一方で、市民には義務を果たすよう要求するのか?では、傀儡政権や、世界で最も強大な国についてはどうだろうか?同国は、市民のための具体的なアジェンダを持たないようだ。
さらには、支離滅裂で馬鹿げた政治を行う手法を生み出しつつあり、教育を受けておらず、倫理的原則もなく、尊大で挑戦的、無礼な人に特有の態度を示している。あるいはこれは、グローバル主義のエリートによる現在的な手法であり、より消耗した者達を取り除き、世界的な泥棒政権の命令に従う別の者を配置する目的で、ソフトクーデターを沈黙のうちに用いて、彼らに都合が良いとみなす者達を政権に就かせようとしているのか?


2018年5月29日火曜日

AI、フリーエネルギー、バイオ・ナノ技術、ロボット、ウェアラブル、チップ

***音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二つの部分に分かれています***

私達は極めて困難な移行の時代を迎えており、その中で私達は、光の意識の進化への道をたどるのか、あるいは人工知能と、これらの惑わせる技術がもたらす結果の方向へ行くのかを決めなければならない。
このことは、ソーシャルネットワークの発展をもって、次第に拡大しており、そこに危険で人間性を損なわせる多感覚の技術がもたらされつつあることに、人々は気づいていない。実際、人々はサイバネティクスや人工知能にはまっており、認知能力が低下し、遺伝的な進化が損なわれる深刻な危険にさらされている。最終的には、私達は完全にロボット化し、無感覚になり、感情、マインド、振る舞いにおいてひどく冷淡になるだろう。
これらの新たなAIの原型に、バイオテクノロジーやナノテクノロジー、トランスヒューマニズム、ブルー・ブレインやアバターといった計画を含めるなら、大衆が気に留めていない深刻な問題となる。それゆえ、世界権力の主達に唯一関心があるのは、コンピューターやタブレット、または最新型のI Padや携帯電話にしっかりと接続された、引きこもりの大衆を生むことであり、そうして私達をロボット化の罠に陥れ、私達の人生や脳を掌握しようとしている。
では、制御されたブロックの鎖をもつブロックチェーン、あるいは賢い送電網であるスマートグリッド、有害なマイクロ波の電磁気の周波数を放射している5Gについては何が言えるだろうか?もしくはウェアラブルの技術、すなわちスマートウェアやスマートブレスレット、スマートウォッチ、スマートグラスについては?それは別の電子機器と連結したチップを内蔵している。
なぜ魅力的な人工知能を用いたエリートのテクノクラートと神経科学は、人類をロボットのような無感覚な機械と化させようとそんなに急いでいるのか?