menu

2018年9月22日土曜日

大ピラミッド、スフィンクス、オベリスク、星の入口の技術、トーラスエネルギー

****音声付き新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***

謎めいたエジプト文明について、現代のエジプト学が私達に語ってきたこと全てが、現実と全く一致していないことは、何ら疑いない。現在まで全く知られていない、その並外れた技術の起源はどこにあるのか?巨大なピラミッドは、今日まで存続する、極めて正確になされた建築物であり、何百万もの石を切断し、動かせるだけの極めて進んだ技術を示している。
なぜ、従来の科学は、極めて明白なことを隠したがるのか?というのも、彼らが私達に信じさせたがっているように、当時の人の手によって建築されたことなど全くあり得ないからだ。
では2トンから70トンもある巨大な石のブロックを、230万以上も用いている、大ピラミッドについては、ファラオ、クフ王を埋葬するために作られたのか?それともその目的は、太陽や宇宙、星のエネルギーを獲得するためであったのか?

では、ピラミッドを守る静かなる番人を象徴している、古来の神秘の光輪に包まれた荘厳なるスフィンクスに関しては、何が言えるだろうか?なぜ、頭部の円形の穴や大ピラミッドに通じる地下トンネルの存在が無視されてきたのか?
もしかして当時の民族は、天文学的、および数学の完全な測量を具現する、地球外の高度な星の宇宙技術を有していたのか?もしかして彼らは、いくつかの壁画に見られるように電灯を用いていたのか?では強大なオベリスクについては、その一つ一つが有する途方もない重さを知るなら、当時の人間の手で建設されたなど、あり得るだろうか?
多くの研究者らによると、古代エジプトは、常に信じられてきた通りではなく、むしろ、実は天そのものの驚くべき反映であった。


2018年8月14日火曜日

エジプトと星の神々、ミイラの呪い、医学、シリウス、オリオン、シェムス・ホル

****音声入り新フォーマット****
***このビデオは、内容が三つの部分に分かれています***

数々の歴史家や考古学者、探検家らは、古代エジプトに存在する多くのことについて、現在まで解明できていない。壮大な悠久のエジプト全域に存在している、驚異的で巨大な像やオベリスク、ピラミッド、記念碑が、太陽や星のエネルギーの分野と密接に結びついており、住民達はそれらを利用する術を知っていた。
その壮大な文明の証拠として、地球最大の川、ナイル川沿い全域に散在する無数の都市・神殿の遺跡は、いかにして築かれたのか分かっていない壮大な文明の証拠となっている。
公式の科学は、数え切れない事柄を常に隠してきたことを思い出そう。その唯一の目的は、私達を無知なままにさせ、私達が地球全域で共有される無学と暗黒化に縛られることなのだ。
では常に語り継がれてきた、ミイラの呪いについては何が言えるのか?もしかしてエジプトは、未知の光のパワーによって維持されており、完全な正直さ、正しさの、極めて厳粛で、精神的なコスモスの正義の光に常に守られていたのか?ファラオ、ツタンカーメンの埋葬地、地下墓地の冒涜に係わった、何人もの科学者や考古学者等の異例の死の背後に何が存在するのか?
医学、天文学、星の整列、数学、工学において傑出した知識を有する民族…。
もしかして、それらの知識全てが、彼らの先祖、即ち古代エジプトの神々から受け継いた遺産であることを、彼らはよく知っていたのか?それらの神々は、何世紀も前に、シリウスあるいはオリオン座、またはプレヤデスそのものから下りてきたのであり、ギザのピラミッドや、同じく偉大な古来のスフィンクスの、星から来た設計者であったのか?


2018年7月7日土曜日

腐敗した政治家、傀儡(かいらい)政府、ソフトクーデター、移民

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3つの部分に分かれています***
私達は、誇張された前衛主義の規範が際立つ、この文明の終焉を迎えている。この現代主義の動向や退廃は、政府自体や堕落した統治者らに由来しており、それらはこの混乱や痛みが続くよう、しっかりと練り上げられてきた動きである。
 深刻な問題の一つは、アナログとデジタルの社会が生まれつつあり、人々に直接、感情をもって関係を築く能力を失わせていることだ。そして、もっぱらインターネットやワサップ、インスタグラム、フェイスブック、ソーシャルネットワークなどを介してそれを行うのみとなっている。全ては私達を眠らせておき、世界中で起こっていることに何も気づかせないためである。
この止められない心理、社会、世界的な退廃は、かつてはより擬装されていたが、今や厚顔にもあらわにしつつある態度をもって、スキャンダルと嘘にまみれて、この惑星を導いている統治者らと大いに関係している。それゆえ今や、彼らはこの使者の伝令の役割を行わせるべく、より若い者達を用いているのだ。
では世界中の不誠実で堕落した政府に関しては、何が言えるだろうか?公的資金を巻き上げ続ける一方で、市民には義務を果たすよう要求するのか?では、傀儡政権や、世界で最も強大な国についてはどうだろうか?同国は、市民のための具体的なアジェンダを持たないようだ。
さらには、支離滅裂で馬鹿げた政治を行う手法を生み出しつつあり、教育を受けておらず、倫理的原則もなく、尊大で挑戦的、無礼な人に特有の態度を示している。あるいはこれは、グローバル主義のエリートによる現在的な手法であり、より消耗した者達を取り除き、世界的な泥棒政権の命令に従う別の者を配置する目的で、ソフトクーデターを沈黙のうちに用いて、彼らに都合が良いとみなす者達を政権に就かせようとしているのか?


2018年5月29日火曜日

AI、フリーエネルギー、バイオ・ナノ技術、ロボット、ウェアラブル、チップ

***音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二つの部分に分かれています***

私達は極めて困難な移行の時代を迎えており、その中で私達は、光の意識の進化への道をたどるのか、あるいは人工知能と、これらの惑わせる技術がもたらす結果の方向へ行くのかを決めなければならない。
このことは、ソーシャルネットワークの発展をもって、次第に拡大しており、そこに危険で人間性を損なわせる多感覚の技術がもたらされつつあることに、人々は気づいていない。実際、人々はサイバネティクスや人工知能にはまっており、認知能力が低下し、遺伝的な進化が損なわれる深刻な危険にさらされている。最終的には、私達は完全にロボット化し、無感覚になり、感情、マインド、振る舞いにおいてひどく冷淡になるだろう。
これらの新たなAIの原型に、バイオテクノロジーやナノテクノロジー、トランスヒューマニズム、ブルー・ブレインやアバターといった計画を含めるなら、大衆が気に留めていない深刻な問題となる。それゆえ、世界権力の主達に唯一関心があるのは、コンピューターやタブレット、または最新型のI Padや携帯電話にしっかりと接続された、引きこもりの大衆を生むことであり、そうして私達をロボット化の罠に陥れ、私達の人生や脳を掌握しようとしている。
では、制御されたブロックの鎖をもつブロックチェーン、あるいは賢い送電網であるスマートグリッド、有害なマイクロ波の電磁気の周波数を放射している5Gについては何が言えるだろうか?もしくはウェアラブルの技術、すなわちスマートウェアやスマートブレスレット、スマートウォッチ、スマートグラスについては?それは別の電子機器と連結したチップを内蔵している。
なぜ魅力的な人工知能を用いたエリートのテクノクラートと神経科学は、人類をロボットのような無感覚な機械と化させようとそんなに急いでいるのか?


2018年4月23日月曜日

シリアへの違法な爆撃、偽の化学攻撃、ロシアへの制裁、第3次世界大戦

****音声入り新フォーマット****

***このドキュメンタリーは、内容が二つの部分に分かれています***

この緊急特別ドキュメンタリーは、現在の緊張した好戦的な事実について、より多くの人々に警告し、自覚を促すことを唯一の目的として作られた。それは、帝国とその同盟国が、シリアやこの地域の他の国々のような主権国家を侵略し続けようとするものであり、それに対し、買収された報道機関や国連は沈黙を守るか、事実を伝えていない。
真実を隠そうとし、安定と平和を求めると言いながら、至る所にさらなるカオスと苦しみをもたらしている、この好戦的な陰謀を操っている、背後に隠された密かな動機は何なのか?
もしかして、対シリアの戦争に敗れたので、今や復讐しようとしており、ロシアがシリア国民に味方して行った支援に対し、その反応を引き起こそうとしているのか?
実際、それらの好戦的な反応をできるだけ早く止めなければ、多くの脅迫や制裁、作り話、誤情報、圧力、絶え間ない強要の結果は、壊滅的で、取り返しがつかなくなるだろう。それゆえ、私達は次の疑問を抱くのだ。覇権を持つエリートは、これらのシリアに対する残酷な攻撃の背後に、何を隠しているのか?彼らが大いに切望する第三次世界大戦を容赦なく勃発させるために、どのような新たな口実を探し続けるのだろうか?


2018年3月27日火曜日

シオニスト・英米帝国の衰退、古代ローマ帝国、エルサレム、ネタニヤフ

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***

新世界秩序を強化するために、シオニスト-カバリスト(数秘学者)が、動乱や権力の乱用を生み出し続けていると知ることが重要だ。これは、エルサレムをイスラエルの首都とするという、アメリカの法外な認定をもって裏づけられる。これより、全体主義のやり方で私達を統治する者は、シオニスト-英米の帝国であると確認できる。それらは密かに欧州連合の補佐を受け、その詐欺行為や汚職を隠蔽する目的で、さらなる分裂や戦争、宗教紛争をもたらすべく、具体的な日付を利用している。
ではなぜそれが、まさに主要な宗教の聖地として知られるエルサレムの地で起こっているのか?そこには実に強力な磁化されたエネルギーの場が存在しており、シオニスト-カバリストの帝国が常にそれらを掌握しようとしてきたのか?
加えて、現在のシオニスト-英米の帝国と、古代ローマ帝国の衰退期に起こったことの間に、なぜこれほどの類似性が存在するのか?
私達をひどい形で統治する帝国が、いかに古代の衰退したローマ帝国の再現となっているのかを、このドキュメンタリーで気づくことが大いに肝要だ。悪癖や悪行、最悪の部類の無数の堕落、権力の乱用、処罰を受けない殺人、強姦、小児性愛、この上なく残忍な悪魔崇拝が顕著に見られ、これらは堕落した古代ローマ帝国で起こったことと極めて類似している。
では、常に際立っていた権力の絶え間ない乱用について、あるいは貪欲、残酷さ、不倫、家族の間の近親相姦、もしくは古代ローマで起こり、そして堕落した現代にも存在し続けている恐ろしい奴隷制と、その独裁的で専制的な、完全な服従については、何が言えるだろうか?とはいえ多くの人が、現代はより進化しており、社会面でもより発展した時代だと思い込んでいる。
もしこれが、私達の経験しなければならないことであるなら、過去の同じ過ちを繰り返さないための唯一の選択肢は、私達の麻痺している意識を目覚めさせるべく、執拗に戦うことだ。


2018年3月3日土曜日

電磁波、電気過敏症、マイクロ波、5Gネットワーク、ナノテクノロジー、太陽

****音声付き新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三部に分かれています***

全人類を病気にさせ、ロボット化し、削減するという唯一の目的で、彼らが密かに私達にもたらしている数え切れない被害が存在する。それらは、血液に入って治療できない病気を生み出しつつあるアルミのナノロボットや、化学物質に満ちた散布を行う航空機やドローンを介して、地球工学によって引き起こされている。あるいは、私達を病気にさせることに加え、さらにひどいロボット化ももたらすナノチップを通してもそうだ。この全てに、さらには増大する止まらない監視、日常のあらゆる行動、ふるまいの変更も見られる。
だがその上に、特に携帯の技術や5Gネットワーク、その他の最先端の技術において、日増しに増大する電磁波汚染については、何が言えるだろうか?はたして人々は、過剰かつ常習的に携帯が用いられた際に引き起こす、恐ろしい疾患について知っているのか?
それらが引き起こす害について情報を得ている者がごく少数であることは、疑いない。というのも、極端に高い電磁放射を用いており、腫瘍や、多くの人の生活を破壊している、増大する電磁場に対する過敏症を生む重大な危険を伴うからだ。
そのことが、私達の体の機能に干渉し、免疫やホルモンのシステムを調整するホルモンであるメラトニンの混乱を引き起こし、DNAを阻害する上に、取り返しのつかない形で悪影響を及ぼしている。
これらの恐ろしい被害に、無数の家庭にある有害な電子レンジが残す波動に満ちた食べ物を加味するなら、少しずつ地球全体が、世界的に危険なマイクロ波に由来する放射能の一種の檻に入れられることになる。
また日常的に莫大な量を受け取っている、あらゆる電気陰性度を適切にコントロールできないなら、私達を病ませる上に、私達が瞑想している時、あるいは平和や幸せ、内面的に落ち着いた状態にある時に放出する輝かしいエネルギーを害し、萎縮させることになる。これはエネルギー的な障害があることを意味し、私達の振動場や心のセンターが弱まり、現実から切断されるだろう。ではなぜ、人間、地球、星の電磁波と太陽の相関関係が重要なのか?