menu


2024年2月8日木曜日

167:ニューヨークの停電、UFOの戦い、チャレンジャー号の爆発、UFO、原子力発電所‐ISS

 星のポータルとタイムトラベラーズのこの新たなエピソードにおいて、他の天体の存在との邂逅や、宇宙船の目撃、様々な人種との交信、彼らとコンタクトした人々について掘り下げていく。彼らは過去に既に私達の元を訪れていたのであり、現在も続いている。そしてそのためにポータル、スターゲート、もしくはワームホールを利用している。

彼らの目的には、核エネルギーの危険について私達に警告することがある。この種の戦争は、壊滅的な結果や破壊を引き起こし、私達の惑星環境にも結果をもたらし得る。それゆえ、原子力発電所の近くで見られているのであり、さらには原子炉サイロを機能停止すらしている。チャレンジャーやディスカバリー、アトランティスといったスペースシャトルに危険が存在する時、あるいは国際宇宙ステーションを監視している時も同様である。NASAはなぜ、ISSからのライブ映像のカメラに生じるこれらの目撃全てを隠匿しようとするのか?

では、1965年のニューヨークの停電については、何が言えるだろうか?この時には、複数の空飛ぶ円盤が見られ、写真が撮られた。あるいは、1942年の世界大戦のさ中の「ロサンゼルスの戦い」として知られる異例の出来事については?また他にもたくさん存在し、さらにはパラレルワールドやテレポーテーション、タイムトラベルの事例についても紹介する。



2024年1月23日火曜日

アルシオン・プレヤデス特別版52:米国の起源、植民者、先住民の虐殺、カスター将軍、生涯・戦闘・支持

 この新たなドキュメンタリーにおいて、アメリカの起源の正真正銘の歴史を見ていく。その植民者は、未開の地を征服するべく奮闘した。自由の発祥地であり、チャンスの地であったが、全てが歴史の教科書に語られてきた通りではない。その拡大には、何千年も前からそれらの土地に住んでいた先住民族という犠牲があった。彼らは欺かれ、残酷な形で虐殺され、殺害され、自分達の土地から移住させられて、居留地に追いやられるに至り、ほぼ絶滅させられた。

中でも、クリーク族、セミノラ族、アラパホ族、シャイアン族、アパッチ族、コマンチ族、カイオワ族、スー族、その他の民族は、独自の文化と、彼らに属する土地を有していた。

しかしながら、彼らは虐殺されたとはいえ、リンカーンやジョージ・ワシントンのような政治家や、また第7騎兵連隊を率いていたカスター将軍のような軍人の支持を得ていた。カスター将軍は、ただ彼らの土地を自分達のものにするためだけに彼らを絶滅させようとする政府に賛同していなかった。現在、私達に伝えられる先住民の殺戮者というカスターのイメージは、全く間違っており、歪曲されている。というのも、彼は先住民の権利を擁護し、彼らに敬意を払っていたからで、歴史家達がそれを裏付けている。では、現在生き残っている少数のネイティブアメリカンについては、何が言えるだろうか?その一部は、世界大戦でヨーロッパの解放を助けるために戦った。別の者達は、メキシコ革命でフランシスコ・ビリャと共に戦った。また現代には、著名な先住民の子孫もいる。



2024年1月7日日曜日

166:UFO、古代の絵画、政治家・著名人のUFO事例、ポータル、AIの危険

 この星のポータルとタイムトラベラーズの新たなエピソードにおいて、空飛ぶ盾、神々の車、光、空飛ぶ稲光などとして知られる、古代におけるUFOの目撃について分析する。さらには多くのイタリアのルネッサンスの画家が、ごく普通の形でその作品に表現しており、星々の存在ないしは宇宙飛行士の存在を裏付けている。彼らは古代の時代より私達を訪問してきたし、現在も訪問し続けている。

聖書でも、エノクの不可思議なテレポーテーションや、背が高く、太陽のように輝く顔を持ち、見事な声と服をまとい、ガラスの席に座っていた2人の天上の存在との接触について、語られている。では、ソロモン王とシバの女王が有していた空飛ぶ絨毯の叙述については?もしくは、アレキサンダー大王の遠征に同行した盾形飛行物体は?日本やヨーロッパ、アメリカで様々な出来事が記録された。またこれらの星々の存在とコンタクトしたことを認める政治家や大臣、大統領、王子、著名人、歌手、俳優の既知の事例がある。テレポーテーションの事例、ポータルは光の存在が利用するのみならず、物議をかもすAIに代表される闇の勢力に警戒しなければならない。それはどこから来て、どんな危険があるのか?なぜ私達は、太陽活動の活発化に警戒している必要があるのか?



2023年12月29日金曜日

アルシオン・プレヤデス特別版51:幼少期、青年期のイエス、キリスト教の迫害・戦争、クリスマスの中止

 キリスト教の伝統を有する人々の共通の感情において、幼子のキリストの誕生の叙述とクリスマスの祝祭は、心のための祭日である。

1年のこの魔法のような時期において、私達は幼少期や無邪気さ、シンプルさの世界に身を任せる。だが利害関係や戦争、生存への憂慮が、この熱望を消そうとし、各自が心に持つその永遠の子供を表現することを妨げる。

ベツレヘムの幼子の誕生自体の前から、光の反対勢力は、彼がこの世に到来し、その偉大な使命を果たすのを阻もうと全力を尽くしていた。ヘロデ大王は罪のない子供達の無慈悲な大虐殺を行ったが、神聖な保護のお陰で幼子イエスはそれを免れた。だが現在も、戦争やワクチンを介して、また無邪気さを失うよう教化されることによって、多くの子供が犠牲になっている。

さらには現在、同じ闇の勢力が、クリスマスを祝う美しい伝統を滅ぼそうとしている。それはキリスト教を攻撃し、人々の精神性を破壊する一つの形である。それゆえ、いくつもの国で伝統的なクリスマスマーケットや、その他のこれらの喜びと平和の祝日に典型的な祭典が中止されているのだ。

恐れも恥じることもなく、私達の心に再びクリスマスの温かみを感じられるよう努めよう。それを奪われることはないだろう。私達の同胞に、メリークリスマス!と告げよう。



2023年12月21日木曜日

アルシオン・プレヤデス特別版50:ショー:芸術、音楽・ダンス・劇・歌、クリスマスの家族の喜び

 私達の生きるひどい社会的な不確かさの時代において、誰もが家族で楽しむ喜びと幸福の時、子供や大人で共有する穏やかなひと時を必要としている。そしてそのために、歴史を通じて観客やアーティストに前向きな状態を生み出すことに役立ってきた、多くの芸術的なパフォーマンスが存在する一方で、知識や喜び、社会意識、また治療や、とりわけエンターテインメントをもたらしている。加えて、愛や良い感じに包まれて家族でクリスマスを過ごす優れた形でもある。

健全なエンターテインメント、喜び、幸せ、愛情、表現力、楽しむ、愛などは、私達の人生の環境を修正し、失ったと思っていた光や魔法を引き寄せ得るポジティブな状態である。

教育にマジックを取り入れることは無限の可能性を持ち、万物の無形の関係は、私達の能力と発展の可能性を広げる。

創造性、想像力、驚く能力、熱意は、健康で幸福な生活の一部であり、子供として、さらには大人としても、決して失うべきではない。



2023年12月6日水曜日

165:11周年記念、UFOの戦い・遭遇、コンタクティ、バチカン、瞬間移動

 この星のポータルとタイムトラベラーズの新たなエピソードにおいて、私達のアルシオン・プレヤデスのビデオ・ドキュメンタリーの公開開始から11周年を迎える。私利私欲のないプロジェクトであり、その目的は、現実が真実の光のもとに明るみになり、目覚めを熱望する全ての気高く純粋な心の人々を助け、私達を統治するエリートが何世紀も前から私達に隠してきた全て、その偽りや、人類に反して行ってきた害について知らせることだ。

また、別の現実が可能であり、私達が歴史上かつて起こったことがない定義の岐路にあると示すことでもある。

この新たなエピソードにおいて、過去の偉大な著者が、いかに天空の出来事、空飛ぶ盾や車、空中の武装した軍隊の目撃の記録を残したのかを示したいと思う。それらは現在UFOとして知られる未確認飛行物体の目撃に他ならない。ローマ帝国やエジプト、アジア、ヨーロッパで多くが生じた。最も有名なUFOの目撃の古代の叙述には、その調和のある楽音という特徴を持つ古代インドのヴィマナもある。同じく現代では、コスモスから来たそれらの進化した存在との接近遭遇や、宇宙船の着陸、その乗員との交流の無数の事例が存在する。彼らは常に、この人類にメッセージを残そうとした。無名のコンタクティや、他のより著名な者達が、私達にその証言や、また未だに未解決のテレポーテーションの実際の事例を残している。



2023年11月16日木曜日

164:バミューダ、幽霊船、UFO、エールフランス、マレーシア、コンコルド

 この星のポータルとタイムトラベラーズの第三話では、謎めいた飛行機や船、さらには多くの場合、乗組員や乗客を含む消失に秘められた謎について掘り下げていく。それらは歴史を通じて、今日まで何も知られることなく、生じてきた。

バミューダトライアングルまたはドラゴントライアングルといった、地球全域に散らばる奇妙な現象や異常の起こる場所が存在しており、様々な時空間の現実をつなぐ渦ないしは開口部、これらの不思議な出来事を説明し得る一種のポータルないしはスターゲートである。

「第19編隊」もしくは「スター・タイガー」、スター・エリアルの消失や、あるいは跡形もなく消え失せた著名なアメリア・イアハートの乗ったロッキード・エレクトラその他、多くの記録された事例が存在する。では、空飛ぶ円盤を目撃した、あるいはそれらとコンタクトした飛行家や軍事もしくは民間パイロットの話とは、どのような関係があり得るのか?第二次世界大戦中に起こった名高い目撃、フーファイターについては?UFOと巨大な航空機との衝突の話についてはどうか?

他の有名な失踪は、227名の乗客と12名の乗組員を乗せたマレーシア航空の便のものや、UFOとの衝突により事故が引き起こされた名高いエールフランス便、何度もUFOの同行を受けたことが知られている超音速旅客機コンコルドである。さらに、UFOの存在を前にして消えた他のものについて、これらの事例が秘める謎は何か?

それらの謎や不思議において、メアリー・セレスト号やバルバネラ号、フリゴリフィック号、ゼブリナ号、サイクロプス号、その他多くの船やヨットの失踪や、同じくフライング・ダッチマンやトゥリクルールのような幽霊船、その他の今なお未解決の興味深い事例についても掘り下げる。