menu

2020年10月20日火曜日

UFO-戦い-基地、宇宙人の侵略・ホログラム、ブルービーム-NWO、ヴォン・ブラウン-月

 人間でない知的存在によって作られたアジェンダが存在しており、それはUFOの巨大な秘密艦隊を有する地球外の軍産複合体と連携して、世界規模の偽のエイリアンによる侵略を生み出す準備をするためだと伝えることが重要だ。ブルービーム計画として知られるこの虚偽のエイリアンによる侵略の作戦については、長年、新世界秩序に関する無数の作家達が言及してきた。これは空想科学小説ではなく、現在見られるようなサイコパスのエリートの計画の一端を担っており、歴史上多くの瞬間に起きた、偽旗の痛ましい別の災害で見られたように、かねてより人類に対して準備されてきた。そして私達がそれを回避するために何もできないままに、私達を統治する帝国のエリートにとって有利になるよう、出来事の流れが修正されてきたのだ。

例えば、ルシタニア号の沈没や真珠湾攻撃、ニューヨークの停電、コンコルド、さらに9.11テロやその他多くが、介入ないしはより支配し、民衆に恐れを植えつけるための正当化に役立ってきた。

大衆を操作するサイコパスによるこれらのひどい害と、エイリアンの侵略の脅威という偽旗の出来事を人類に対し引き起こすその緊急の必要性とは別に、また星の存在達もあり、彼らは人類を助けようと模索している。彼らは多くの時にそうしてきたし、歴史を通して記録される証言も残している。

だが、混乱させられてはならない。というのも、具現化し始めている途方もない多くの事象が存在するからだ。もしかして、これらの奇跡の全てが、人類に変化をもたらす状態を生むための大規模なショーの一端であり、その中で、高等なエネルギーが作用していると信じさせるが、それはブルービーム計画の一端であり、同時に、新たな宗教や偽りのメシアをもってNWOを据えるべく、現在のホログラム技術が、世界的な洗脳という任務を果たすのか?


****音声入り新フォーマット**** 

***このドキュメンタリーは、三部に分かれています***



2020年10月4日日曜日

有益なジャンクDNA、12本の鎖・光、オーラ、爬虫類脳・新皮質、エゴ、ニビル人

 科学者や分子生物学者、遺伝学者らの説明によると、公式の科学が知らせる無益なジャンクDNAは、そもそも地球外に由来するDNAであるという。さらには、不当にもジャンクDNAと呼ばれるものの中には、コード化された、ないしは暗号化された百科事典に類似した生命の書、もしくは糸を備えていることを立証した。これは、私達の体内のゲノムに、全く無駄なものはないことを示している。ジャンクDNAとして知られていたものは、実際には有益かつ重要な情報であり、そこでは多次元の存在が、ヒトの遺伝子に光の複雑なコードを織りなしていることを、生物医学の研究者達は見出した。また人体の細胞や器官、その他の組織の動きを調整する重大な役割を果たしている。というのも実際これは、遺伝子の活動を調整する数百万のスイッチを持つ素晴らしい制御盤であり、それらなしでは、遺伝性もしくは遺伝因子、自己免疫の疾患が現れ得るためだ。

他方、科学者の間で日増しに確固たる論拠となっている、知性ある創造の設計が存在しており、全く新しいタイプの医療の明白な証拠がある。それにより、個々の遺伝子の切断も入れ替えもせず、DNAが言葉や周波数の影響を受け、再プログラミングされ得る。

惑星Xのニビル人・アヌンナキによって為された、12本の星の鎖からなる私達のDNAの不当な略奪により、松果体や下垂体のような内分泌腺を発達させていた、私達の霊的および超感覚的な能力を失ったと、理解するのが重要だ。同時に私達の美徳を奪い、私達を隷属させるエゴ・瘴気の遺産をもたらした。なぜなら彼らは、感情や苦悩、恐れを利用する術を熟知しているからで、その操作によって大衆を支配できるからだ。それはちょうど、彼らいわく私達の安全のために、誰も命令に背くべきでないとして、この致命的でないウイルスをもって大衆に行っている通りである。

****音声入り新フォーマット**** 

***このドキュメンタリーは、内容が三部に分かれています***



2020年9月7日月曜日

コロナ第2波・抗議、精神の健康、5G監視、テスラ・フリーエネルギー

 大衆の操作は、政治的権力が歴史を通して用いてきた事象であり、今や、絶え間ない洗脳を介して世界中を完全な警戒態勢にさせる、最も強力な武器と化している。その一方で私達から自由を奪っており、そのために情報メディアやSNS等が用いられている。この全ては、インフルエンザに類似したウイルスによるものであり、これは医師や科学者500人以上が知らせているように、ごく簡単に治せるのだ。それゆえ、私達に強いる日増しに抑圧的になる措置に対する増大する抗議や、反対姿勢を生んでいる。たとえ信じがたくても、これは世界的な人口削減のアジェンダの一端なのだ。あらゆる国で設置されている5Gの電磁周波数のアンテナも同様であり、これらは人工知能とつながっている一方で、あらゆる種類の病気を伴って、私達の健康を悪化させていく。というのも、この技術は、人間ではなく、機械専用に開発されたからだ。

実際、宇宙を満たすエネルギーは、ゼロ点の放射のエネルギーである。これは、もし人類に提供されたなら、うまく活用され得る。だが、意図的に隠匿されてきたのであり、20世紀の初頭に天才ニコラ・テスラがこれを発見した時には、その発明すべては人類のためであったが、攻撃され、名誉を傷つけられた。そして、この強力な無限のエネルギーのお陰で、それを知っていた古代の偉大な民族が、その素晴らしい寺院や都市を創造した。そして、ヴェーダのバウマストラやヴィマナ、エジプトのデンデラのランプ、謎めいた契約の箱といった、またギリシャのテトラスケリオンやマーキュリーの強力なケーリュケーオン、ゼウスの稲妻等、多くの文化でその証拠が残っている。もしかして、それら全ては強力なトロイダルエネルギー場を投影していた、エネルギーの誘導ないしは増幅器だったのか?

では、科学や技術に多くの進歩をもたらし、無料で無限のフリーエネルギーの可能性を示した後に、見捨てられて死ぬなど、偉大な発明家ニコラ・テスラの犯した罪は、一体どこにあるのか?これに対し、現在私達に5Gをもって課そうとしているのは、有害で時代遅れの技術である。5Gのマイクロ波・ミリ波の有害で浸透する電磁波で地球を包む際、ごく間もなく私達を待ち受ける結果はどのようなものだろうか。


2020年8月21日金曜日

共産主義の中国、宗教の弾圧、イエズス会・バチカン、臓器売買、AI信仰

 ****音声入り新フォーマット**** 

***このドキュメンタリーは、内容が三部に分かれています***

現代において中国は、新シルクロードや深層国家の指令を介したグローバル化のモデルに従って、分かりにくい物言わぬ形ながら、大量消費や共産主義、無神論に基づく帝国主義の技巧をもって、絶え間ない世界的な支配の固有の手法を押し付けてきた。というのも、その真の意図は、中国共産党による明白なリーダーシップの下で、世界のグローバル化を達成し、中国を世界最高の大国とすることであるからだ。

そのために、経済力や欧米市場へのアクセス、そして人口の増加を利用しており、世界の糸を操る国々の一つになろうとしている。もしかして中国は、安い労働力や、鉄道、道路、エネルギー施設、電気通信網、5Gといった約束と共に、無数の融資を行って、惑星の大部分を掌握しつつあるのか?同じく、ヨーロッパや世界であらゆる種類の企業に投資し、土地や鉱山、空港、さらには国々までも買収している。実際のところ、中国は、億万長者の共産主義の政治家が最も多い国であり、富二代として知られる裕福な子供達の新たな世代がいる。では、キッシンジャーやロックフェラー家やロスチャイルド家、また無数の経済・貿易の合意を介しての、アメリカと中国の緊密な結びつきについては、何が言えるだろうか?もしかして、影の政府を介して、地球を統治する新たな帝国に中国がなるようにという、欧米から中国への権力の譲渡なのか?

他方、政治犯や宗教運動法輪功のメンバーの強制的な臓器の摘出の背後に中国政府がいるとう訴えについては、何が言えるだろうか?宗教運動に対する迫害については、法王あるいはダライ・ラマの沈黙を前に、キリスト教の教会が閉鎖され、同じく仏教寺院が破壊された。もしかして、物質主義の無神論を、信仰や精神性を破壊し、宗教を抑圧するための武器として用いているのか?その一方で、私達をよりロボット化、奴隷化し、人工知能の新たな宗教を課そうとしている。 



2020年7月25日土曜日

再発、NWO秘密計画、ツイッター、タビストック、MKウルトラ、カウンターカルチャー

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***

私達は、新たなパラダイム、もしくはいわゆるニューノーマル(新常態)ないしは新世界秩序の下で生きている。そのため、バカンスの休息が、大規模監視ビデオの対象と化してしまった。これはエリートが権力や支配力、操作能力を行使するべく課す無数の法令の下にあり、加えて私達が世界的な緊急事態にあり、いかなる瞬間にもパンデミック・ウイルスの第二波が起こりうると常に念を押している。
決定的に、言われること全てに従う社会的な家畜化と集団の中の阻害感という目的を持つ世界的な支配のメカニズムは、先例のない社会工学の演習であり、他方では偽のパンデミックが傀儡政府と共に、自由や食糧、何百万人もの仕事を破壊する役割を担っている。
だがはたして人々は、傀儡政府の裏表のある基準に気づけるくらいに、目覚めを達成できるだろうか?それとも、フェイクニュースを介して誤情報を伝え、MKウルトラに類似した絶え間ない洗脳へと私達を引きずり込む、権力を笠に着る統治者や保健当局の足下にひれ伏すのだろうか?
私達の人生を操作する者達は、心理の仕組みを知っており、意識が認識できない形で反応をプログラミングする術が判っており、私達を新しいバイオテクノロジーに基づく、新しい偽の宗教によって訓育されたディストピア社会に完全に陥らせている。これは、人間を改良し、オートマトン・サイボーグ・ロボットに変えようとする優生学を伴っている。では、他人の記憶に侵入し、洗脳する目的で作られたブルーバード計画については、何が言えるだろうか?あるいはまた、この全世界のロックダウンによって急増するビデオゲーム中毒については?そして、地球をコントロールするために作られたタビストック研究所に見られるような、解離させる影響を伴い、意識との分離を確立するために作られた、認識のコントロールの無数の秘密計画、たとえばMKウルトラやモナーク、PRISM等については、どうだろうか?


2020年7月10日金曜日

パスツールの不正、人工DNAワクチン、量子タトゥー、ルシフェラーゼ

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***

ルイ・パスツールによるワクチンの誕生以降、微生物や病原菌が病気の原因だと、常に信じ込まされてきた。そうしてその理念の下で、ワクチンや抗生物質、あらゆる種類の危険な化学薬剤が商品化されていった。
だが医師クロード・ベルナールのような当時の科学者らは、これらの理論が間違っていることを見出し、ワクチンの危険性や、また健康のための栄養状態や免疫システムの大切さについて知らせていた。ワクチンは、病気を予防する際に失敗してきたという証拠が存在する。しかし統計データの操作や宣伝のお陰で、人体を病気や死から守ると、大多数の人々を説得できた。
だがワクチンに出資しているのは、ロックフェラーやビル&メリンダ・ゲイツ、フォード等の財団、ロスチャイルド・グループであり、彼らは皆、人口削減という共通項を有する。様々な医師や科学の専門家、免疫学者らは、ワクチンが健康にとって必要ないばかりか、その毒性や重金属の存在、流産した胎児のDNAの残留物、その他の有害物質を示して、遺伝子の変化や腫瘍、病気、増加する喘息、ADHD、また神経障害、自閉症、自己免疫疾患、さらには死さえも引き起こし得ると証明した。では、これまで人間で試されたことのない、COVID-19に対する実験的な人工DNAの新しいワクチンについては、何が言えるだろうか?またコントロールのマイクロチップのような、量子のマイクロニードルの成分に彼らが含めたがっている、ルシフェラーゼの成分については?
あるいはおそらく、ワクチンと述べているが、ワクチンではなく、ハードウェア・ターミナルであり、それが体内に入れられ、私達の肉体の構造が変えられ、ハードディスクと化し、ソフトウエア・プログラムの受信機となって、クラウドとつながり、サイボーグ・ロボットあるいはトランスヒューマンと化すのか?その全ての背後にいるのは、何者なのか?


2020年6月13日土曜日

抗議・暴動、新常態、破綻、ローン・救済、未払い・債務

****音声入り新フォーマット ****
***このドキュメンタリーは、二部構成になっています***
世界が私達の周囲で変化しつつあることは、疑いない。そこでは世界経済の行方がますます余談を許さない状態になっており、また止めどなく増大する混乱した事実が存在する。それは、状況に対処できなかった、あるいは対処したがらなかった政治家階級や堕落した医師達、および経済危機に対する 不満を表明する抗議や暴動であり、世界中に拡大する蛮行や略奪を伴う、市民や警察のさらなる暴力が存在する。
だが日増しに制御を失うこれらの暴力的な抗議の背後に潜んでいるのは、何者なのか?それらは許しを乞うべく人々を強制的にひざまずかせており、それが世界中で支持されている。もしかして、社会の混乱を引き起こし、そうしてアメリカの現大統領の再選を妨げるための陽動作戦の一端なのか?
実のところ、名高いウイルスは世界経済を停滞、破綻させ、より深い社会構造を生む口実となっており、加えて新世界秩序(ないしは新常態)に向かわせ、同じく世界を大量失業やビジネスの閉鎖、債務の滞り、世界的破綻、ローンの未払い、飢え、極端で絶望的な貧困化のスパイラルに陥れるべく用いられてきた。そして第二次世界大戦以降、最悪の人道的危機において私達を完全な崩壊へと導いている。
そして日増しに増大する大量の紙幣を刷ると言われる。だが、架空のお金である。実際これらの提供は後に、支配やコントロールへと債務国を従わせる負債の罠なのだ。これより、私達は現代史上最大の山場を迎えていると理解できる。一方で、諸銀行やIMFが、世界銀行や連邦準備と共に、多くの国々を救済するべく莫大な量の資金を提供しようとしている。はたしてごく僅かしか知られていない背後にあるものとは何か?その狡猾な計画や世界経済や結果として全世界を麻痺させ得る後ろ暗い意図は何だろうか?