menu

2020年2月18日火曜日

毒素、化学物質、ウイルス、照射食品、ホルモン、肉の摂取と虐待

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***

食事は、あらゆる生き物の成長における基本的な要素だが、それが自然ではなくなっており、保存料や農薬、人工調味料、着色料、遺伝子組み換えの為されたあらゆる種類の化学物質に満ちている。
現在、加工食品は、合成ビタミンや無機鉱物を含んでおり、これらの製品が滋養豊富で、より高い栄養価を有すると消費者を納得させる意図を持つ。しかしながら、同じく食肉は今や、大量の抗生物質や肥育および成長ホルモン、保存料、その他の有害な添加物を含んでおり、これは工業型畜産場の生産高を極限まで増大させる目的で考案された。
同様に、私達の体は健康や活気を得るべく設計された。だが不健全な食習慣や生活スタイルは、多くの健康の問題を引き起こす。というのも、病気の最も一般的な原因は、化学物質や農薬、添加物にまみれた食べ物より派生した毒素の蓄積、同じく大気や水辺、土壌に存在する汚染物質と関連しているためだ。
また、掃除用品や芳香剤、殺生剤、合成洗剤、化粧品、香水、缶詰食品の容器に隠された化学物質の危険もあり、合成化学物質は癌や生殖毒性、アレルギー等と関連付けられてきた。では、幾つかの食べ物における、ウイルスをもって操作された遺伝子組み換え食品や石油を含む食品については何が言えるだろうか?また肉の摂取については、工業型畜産場の動物達や、殺される前のひどいストレスないしは苦痛にさらされる動物達の肉を摂取することは、健康にどのような結果があるだろうか?


2020年1月18日土曜日

ディワーリー、インドの神々、4つの時代ユガ、バイオフォトン、量子の共同製作

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が四つの部分に分かれています***

世界中の多様な多くの文化が、その伝統において、プレヤデスとの関係を祝っている。なぜ古代の人々は、プレヤデスにそれほど感銘を受けていたのか?またなぜ古代インドにおいて、また現在でも、あらゆる所で光と花火が際立つ祭りが行われるのか?何世紀も経て、庶民の記憶が消えたとしても、実際その全ては、この太陽系にアルシオン太陽が入るという、はるかな伝統に由来する。
それゆえ、ディーワーリーはインド全土で祝われ、インドの新年を象徴しており、全ての住民が最大限の献身をもって待ちわびている祭典なのだ。というのも、闇に対する光の勝利、無知に対する叡智の勝利が祝われるからだ。そしてこれは、様々な周期的な期間もしくは宇宙の時代、ないしはユガにおいて、起こってきた。ブラフマ、ヴィシュヌ、シヴァといった神々がアスラ族と闘った時代、同じくその後のクシャトリヤによる闇との闘い、バラタ族の大戦、さらにはラージプートの時代、ポルスやパドマ―ワティ王妃、バージー・ラーオ、そしてインドの支配に対して戦った後の英雄達、マンガル・パンデーやマニカルニカーの例が挙げられる。
この全ては、現在の私達や、科学が見出しつつある、バイオフォトンを生み出し、発信する私達の能力と関係しているのだろうか?というのも、原子や分子に加えて、また人体が発する一定量のバイオフォトンも私達は有すると述べる科学者達が存在するからだ。
私達がバイオフォトンを介して受け、栄養をもらっている光の起源は、太陽だと忘れてはならない。そして太陽は同時に、プレヤデスのアルシオン太陽と結びついている。なぜなら私達の太陽は、プレヤデス星団に属する七つの太陽のうちの一つであるからだ。すなわち、私達はプレヤデス自体と直接の絆を有するのだ。その理由から、普遍のマクロコスモスに参加し、またより軽く進化した人生をもって新たな運命の共同製作者となるべく、進化できるよう、多くの古代の文化や文明が、常に熱心に敬意を持ってこれを敬ってきた。


2019年12月28日土曜日

悪意の神経学、爬虫類脳、性暴力、男尊女卑・フェミニズム、ヒステリー

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三つの部分に分かれています***

攻撃的な振る舞いや暴力は、多くの人にケガや、長引く精神的なトラウマを生み、人間や経済に高くつく後遺症を残す。日増しにより増大するこの暴力の原因は何か?
科学者らの研究は、遺伝的要素が根本的な役割を果たすと示している。なぜなら、攻撃性や、アルコール中毒、暴力的な殺人へのより大きな傾向を誘発し得る脳の神経伝達物質の分泌に関与しているからだ。だが生物学は、私達の行く末を定義していない。なぜなら脳は柔軟で、内面や外界の要因や薬等に沿った可塑性があるからだ。
また特定の脳の構造の関与および、ホルモンや教育等の影響も存在する。
だがそれだけでなく、乱暴な振る舞いは、解離性同一性障害または多重人格障害のように、正常の人と違った形で物事を見る、歪曲した非理性的で病的なマインドから生じ得る。
しかし、その止まない増加する社会的な暴力に影響する主な原因は何か?ホラー映画やコンピューターゲームが、これに貢献しているのだろうか?もしかして、加えてこれが起こるよう駆り立てる、ニューロンによる生物学的な理由も存在するのだろうか? 爬虫類脳と、権力や力、支配、縄張り意識を介して作用する、より基本的かつ原始的なその機能が存在することを私達は知っている。だが私達の振る舞いやまた政治家、同じく映画やファッション界を牛耳る者達、あるいは聖職者ないしは王室の小児性愛者らの振る舞いに、いかなる影響を及ぼすのか?これは虐待の増加と関連しており、人々がそれを明らかにしつつあるのだろうか?
では、世界中に記録データがあり、その致命的な結果を伴う、社会や心理、性等における、ひどい性暴力に関しては何か言えるだろうか?
また分裂させ、対立させる男尊女卑やフェミニズムについては?何に基づいているのか?もしかして巧妙に組織された操作の一部なのか?


2019年11月16日土曜日

有害で厄介な、爆発的で操ろうとする人々、分裂した家族、ミレニアル世代

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が三部に分かれています***

私達は、問題の多い、厄介で好戦的な、誰に対しても攻撃的な人が存在する時代を生きている。全てに反対して、他者の信用を失墜させ、軽蔑する人々や、人目を引き、他人を批判するなどして、自らを重要だと感じる自己本位的なナルシストの人々であり、そうして家族や社会の人間関係を害している。では、実に普通となっているこの状況を解決するための打開策があるのだろうか?
これらの感情的に激高しやすい人々や、日々のコミュニケーションおよび振る舞いの形態として恨みや激怒、絶え間ない怒りを抱える有害な人々の常套手段を確認でないうちは、感情的に調和がとれた安定した状態で生きるためにできることは、ほとんどないだろう。
この理由から、人々と適切な関係を築き、そうして問題を回避する術を知るべきである。なぜなら私達は、不誠実な態度やあらゆる種類の見せかけが際立つ厚顔無恥と偽善の世界に取り巻かれているからだ。
他方また、人々を操作し、説き伏せようとする人々も存在する。彼らはへつらいや約束をもって大衆を操っており、同じく熱弁などの手段を講じて聴衆を説得しようとする教育者やビジネスマンもその一端を成しており、そこから依存や、また宗教の聖職者や腐敗した政治家自体の、増大する堕落した小児性愛が生じる。
では、家族はこの点において、どのような役割を果たすのか?現在も社会の柱であり続けているだろうか?感情の操作や暴力、ひどく高圧的な、あるいは放任の親達が存在する機能不全の家族に何が起こっているのか?では、離婚の増加や、結婚する気のない若者達、いかなる約束もしたがらないミレニアル世代についてはどうか?また、抑制のきかない感情や、ネガティブで批判的な感情、神経症的な振る舞い、かつてない操作にあふれた対人関係には、何が起こっているのだろうか?


2019年10月18日金曜日

日本の現在のロボット化、AIの危険、5G、チップ、非人間化、中毒、コントロール

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二部に分かれています***
日本では、何百万もの若者が、あらゆる伝統的なものの放棄をもって、圧倒的な西洋化に溶け込むべく身を投じ、より現代的なスタイルや、デジタルの世界、新たなテクノロジーを採り入れている。
日本人は、自分の機械を日増しによりカスタマイズするようになっており、自らのロボットや携帯電話、プレーヤー類、ビデオゲームのキャラクター、バーチャルの歌手や俳優に名前を付けている。要するに電子機器は、日本人の生活にとって極めて重要なため、家族の実質的な一員と化しつつあり、多くの人々が家族よりも機械と一緒により多くの時間を過ごしているのだ。
私達は人工知能が子供や若者の脳をひどく変えつつある社会で暮らしており、早急に対策を取らない限り、この人類の運命は、取り返しのつかない結果を伴う自動化に突入することになる。というのも、感情や表現力、自然さに乏しくなっているからで、このことにより、無感覚の若者やロボット的な子供の世代を生んでいる。
テクノロジーやロボットは、日増しに私達を脆くさせている。とはいえ、多くの仕事に人手が足りず、住民の高齢化が実に際立っている日本のような社会においては、その有用性が認められている。それゆえ日本では、ロボット工学によるアンドロイドが歓迎されており、そうして、赤ちゃんロボットやペットのロボット、司会者や俳優のアンドロイド、ウエイターのロボット、料理人のロボット、政治家のロボットが存在する。
同様に、私達をサイボーグ・アンドロイドのトランスヒューマン人種に変えようと、人間と機械の融合が増大している。たとえこのことが非現実的に思えようと、多くの未来主義者が、人工知能を持つ機械の製造は現実になりつつあると考えており、これは人類の終焉をもたらすだろう。なぜなら人工知能が人間の知性を超える時が来るからだ。
では5Gによる新たなネットワークの接続性と、人間や動物、植物の生命にとってのその途方もない危険に関しては、何が言えるだろうか?このこと全ては、生物学的に人間の脳に似るよう、これを模倣して、人工の神経回路網が作られたことと、どのような関係があるのか?人間と電子工学の融合ないしはインターフェイスに特化した、ニューラルリンクという企業については、その目的は何なのか?


2019年9月13日金曜日

アングロサクソンの略奪、インドの祭典、文化、寺院、ヴィマナ、ナーガ・マヤ族

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは内容が三つの部分に分かれています***
インドの古来の文化に言及したこの興味深いドキュメンタリーの第2部では、英国人が2世紀以上に渡り、イギリスの産業界に原材料や安い労働力を供給するべく、東インド会社を通してインドを搾取したと述べなければならない。
そして多くのラージャ(王)達が反抗したにもかかわらず、アングロサクソンの支配により、国中の宮殿や町が破壊され、インドの経済は解体され、破綻し、そのために大規模な貧困や深刻な飢え、疫病がもたらされた。特にベンガル地方では3百万から5百万人が死亡した。
だがそれだけではなく、また第一次、第二次世界大戦の間、英国側で戦うために、インド人約4百万からなる軍隊が創設され、これにより英国の勝利の後押しをした。そしてより深刻なのは、大英帝国がこれらの資料や、またインド人に対し、あたかも彼らが無学の国民のごとく、人種主義や差別を行い、虐殺したことを、狡猾にも世界の人々に認識されないようにしたことである。
しかしながら、その深遠な根源は、実に豊かな知識および言語、今なおその建築の神秘を秘める古代の素晴らしい数々の寺院、巨人とその不可解な足跡、また極めて高度な道具やレーザーのような技術をもって施された、実に正確な穿孔(せんこう)作業を伴う旋盤加工された柱、ヴィマナ、ないしは空飛ぶ船の謎に満ちている。
これら全ては、活気ある大祭、ディーワーリー、ガネーシュ・チャトゥルティー、ホーリー祭、ドゥルガー・プージャー、ティージや、主に常に国民を守ってきた彼らの神々を祀るその他の祭りのある、豊かな文化と結びついている。
では、彼らの深遠な知識を先コロンブス期のメキシコの地に残すべく、同地に赴いたと言われている、インドのナーガ族を取り巻く神秘については、何が言えるだろうか?それらの存在は何者で、いかにマヤの地に到達したのか?マヤの地には、今なおその存在の無数の痕跡が残っている。


2019年8月23日金曜日

英国の植民地、インド、ヴィマナ、宇宙創世、ヒンドゥー教寺院タージ・マハル

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***

なによりもまず、私達の広範な歴史や、また私達の祖先の言い伝えが、遺憾ながら、私達に多くの物事の真実を知らせないようにする目的で、悪意ある形で歪曲されてきたことを知らなければならない。
このドキュメンタリーでは、アングロサクソンの覇権主義的な勢力が、いかにブリテン諸島において無慈悲な形で振る舞い、自分達のものではない土地を掌握したのかを裏付けることができる。その帝国主義の支配は拡大し、アメリカやカナダ、アフリカの領土、中東、アジア、シンガポール、香港、オセアニア、さらには大西洋あるいはインド洋の無数の島々を従わせるに至った。またその支配の欲求により、ヨーロッパで戦争を起こし、そうして世界のあらゆる大陸に領土を得ようとした。なぜなら彼らは、誰にも気づかれないと確信していたからで、その一方で、世界中に貧困や苦しみをもたらし、彼らは裕福になっていった。
このようにして、大英帝国は、祖先から受け継いだ莫大な富を備えていた民族であるインドも植民地化した。それは荒廃した亜大陸に、何百万もの死者やがれきを残しながらも、マハトマ・ガンジーを筆頭に、2世紀以上に渡って彼らを統治していたアングロサクソン人の圧制からの解放を達成するまで続いた。
それにもかかわらず、古代のインドの文化は、その形而上学および宇宙発生論、技術面、建築面の膨大な知識を有していると知ることは、極めて重要だ。ブラフマ、ヴィシュヌ、シヴァといった神々と、その伴侶であるサラスヴァティ、ラクシュミ、シャクティが、長年その民を導き、極めて進んだ文明を築き、現在想像もつかない技術をもって、強大な建築物寺院や都市・宮殿を残し、加えてヴィマナと呼ばれる大変なパワーの空飛ぶ物体を用いて、空中を移動していた。何千年も前に発達した、紛れもない航空宇宙技術については、多くの証拠が残っている。
この興味深いドキュメンタリーの第3部では、名高いタージ・マハルの真の歴史を説明している。というのも、タージ・マハルは私達に信じさせようとしている通りのお墓ではなく、シヴァ・マハーデーヴァ神を祀るヒンドゥー教の寺院だという、十分に裏付けられた多くの証拠が存在するからだ。公的に私達に伝えられてきたことの全てが確かではないと理解しなければならない。