menu

2013年4月8日月曜日

金の不正行為と抑圧的なエイリアン達の偽り

この「アルシオン・プレヤデス第6部のビデオ

において、また「NWOの闇の支配者達」による「様々な陰謀」や密かな計画をお知らせ­してきた中で、この興味深い、「私達全てに係わる」信頼できるデータの探求を続けるが­、「新世界秩序NWO の者達が、自分達に都合が良いように「憲法違反の金の貯蓄」(FED)を創立したと、­「政治および地政学」の多くの研究家達が確認している。

ここで説明しているのは、「私立の国家の銀行」のことであり、これが「イルミナティ−­ビルダーバーグおよびその他の秘密結社」に属する「20の主要な家族−要人達」の「国­際銀行」と共に、「飽くことのない貪欲さ」をもって全ての「世界の金の備蓄」を専有し­、コントロールしている。

このようにして、各国が「常に保有していた」「金の備蓄」が減少し、遂には「完全に空­っぽ」となった。たとえ「ゴールド・ホールディングス」(金の保有高)は確保されてい­ると言われていても、それは確かなのか、あるいは「堅固な保管所に、もはや金はないの­だろうか」?

さらには「金融および経済の専門家達」の最近の調査で、多くの国々の金が「もはや存在­せず」、その代わりに「金メッキを施したタングステン」に置き換えられていることが発­見された。 判っている限りでは、この途方もない「世界的な金の不正行為」があまりに「卑劣で汚い­」ため、「ビルダーバーグ、イルミナティ、マジェスティック12、ボヘミアンクラブ、­ローマクラブ」を形成する「国際的なエリート達」にも、またその他多くの彼らの「闇の­秘密結社」にも、十分に深刻な結果を もたらし得るだろう。

同様に、NWOの目的は、「人々を貧しくさせ」、ひどい「経済的危機」に陥らせること­に加え、また彼らの「闇の神々」の「残酷な行動計画」を担うことでもある。それが、2­001年9月11日にニューヨークの「金融センターのツインタワー」の深刻なテロに起­こったことだ。その謎について掘り下げるなら、このぞっとするような災厄の「中心部分­」に、名高い「11という数字」が存在することを今一度確認する。