menu

2018年5月29日火曜日

AI、フリーエネルギー、バイオ・ナノ技術、ロボット、ウェアラブル、チップ

***音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二つの部分に分かれています***

私達は極めて困難な移行の時代を迎えており、その中で私達は、光の意識の進化への道をたどるのか、あるいは人工知能と、これらの惑わせる技術がもたらす結果の方向へ行くのかを決めなければならない。
このことは、ソーシャルネットワークの発展をもって、次第に拡大しており、そこに危険で人間性を損なわせる多感覚の技術がもたらされつつあることに、人々は気づいていない。実際、人々はサイバネティクスや人工知能にはまっており、認知能力が低下し、遺伝的な進化が損なわれる深刻な危険にさらされている。最終的には、私達は完全にロボット化し、無感覚になり、感情、マインド、振る舞いにおいてひどく冷淡になるだろう。
これらの新たなAIの原型に、バイオテクノロジーやナノテクノロジー、トランスヒューマニズム、ブルー・ブレインやアバターといった計画を含めるなら、大衆が気に留めていない深刻な問題となる。それゆえ、世界権力の主達に唯一関心があるのは、コンピューターやタブレット、または最新型のI Padや携帯電話にしっかりと接続された、引きこもりの大衆を生むことであり、そうして私達をロボット化の罠に陥れ、私達の人生や脳を掌握しようとしている。
では、制御されたブロックの鎖をもつブロックチェーン、あるいは賢い送電網であるスマートグリッド、有害なマイクロ波の電磁気の周波数を放射している5Gについては何が言えるだろうか?もしくはウェアラブルの技術、すなわちスマートウェアやスマートブレスレット、スマートウォッチ、スマートグラスについては?それは別の電子機器と連結したチップを内蔵している。
なぜ魅力的な人工知能を用いたエリートのテクノクラートと神経科学は、人類をロボットのような無感覚な機械と化させようとそんなに急いでいるのか?