menu


2023年1月29日日曜日

アルシオン・プレヤデス特別版39:霊的な戦争‐ワクチン、魂を奪う、トランスヒューマン、遺伝、ロボット

 私達は、歴史上最悪の時代を生きている。というのも、多くの作家や科学者が既に表明したように、私達は第三次世界大戦に突入しているからだ。それは世界的に全ての国々を巻き込んでいるが、この戦争は物理的なものではなく、メンタル面や感情面、精神面のものだ。これに、本来の人間の存亡がかかっている。

これは、個人と、意識して考え、感じ、行動する自由を無効にするための戦争である。実際には、心理や道徳、倫理、精神的価値観、そして何より魂を掌握するための戦争である。 

科学者や医師、政治家、作家達がそう述べているのであり、私達を統治する無慈悲な闇のエリートとその殺人ワクチンについて、警告している。その目的は、罪のない何百万もの人々に毒を盛り、害をもたらし、殺すことだ。また彼らは、人間が持つ最も価値あるものを奪い、遺伝子を変容させ、人工知能およびロボット的なトランスヒューマニズムを課そうと試みてきた。これは、個人的な感情あるいは思考のない、空っぽの体にするのみだ。

何より信じがたいのは、主要な宗教の様々な代理人が関与していることだ。彼らは多くの科学者が告発しているように、私達の元来のDNAを変える遺伝子治療を支持する側の立場を採った。魂、「神の遺伝子」、遺伝は、人間が失ってはならない高等なものと私達をつなげる。



150:呪われた家族の系譜、アルノー、コーク、デュポン、ブッシュ、ウォルトン他

 このドキュメンタリーにおいて、呪われた一族のテーマを引き続き展開していく。通常、これらの家族は、お金や財産、権力、富の陰謀に関与しているが、また不幸やスキャンダル、惨死や早死に、さらには殺人にもまみれており、代々蓄積された地位もしくやお金、財産にも関わらず、そのメンバーを不幸にしている。デュポン家の場合、常に誠実かつ透明性があった訳ではないビジネスのお陰で、他者を犠牲にして豊かになった。またブッシュ一族、無慈悲な犯罪者の系譜もあるが、彼らは様々な戦争の開始や、ツインタワーのもののようなテロに関与し、その過程で死をもたらした。製油所を所有する悪名高いコーク家も同様であり、彼らは偽造や盗み、虐待に関与した。

スーパーマーケットチェーン、ウォルマートの創業者のウォルトン家は、そのルールを課すべく市場を独占したが、その裏で多くのことを隠している。またハプスブルク家のような王室に属する別の一族は、近親婚による遺伝性疾患に見舞われた。サウジアラビアの王室のアール・サウード家は、規範だらけのイスラム教のより厳格な観点を推進しているが、その途方もない権力ゆえに、殺人や裏切り、虐待にふけっている。



2023年1月15日日曜日

アルシオン・プレヤデス特別版38:前科のあるルーラ・シルヴァ、嘘、強制ワクチン、抗議の潜入者

 前科を持つブラジルの新大統領ルーラ・ダ・シルヴァの就任により、同政府はブラジルに何をもたらすだろうか?全国で70日間に渡って、かつてないほどに平和的な形でデモを行い、新大統領に対する明白な拒否を示し、ブラジルの憲法を保証する者として軍の介入を求めている群衆は、その背後に、マスメディアの伝えない現実を有している。

ルーラは、彼の属する全体主義のエリートのただの駒、傀儡にすぎない。彼を刑務所から出すと決めたのは彼らであり、彼が巨大で豊かな美しいブラジルの国を指揮し、民衆に反する専制独裁政権を課せるよう、電子投票による選挙を不正操作した者達である。

その就任式から既に、彼は祖国もその機関も愛しておらず、その望みは汚職を続け、強制ワクチンを課して自由を削減し、経済を荒廃させて、環境保全という口実で、アマゾンの主権を多国籍企業に引き渡すことだと示した。

民衆は、いつものように平和的な抗議を続けたが、ルーラとその一味が、デモ抗議を終わらせるべく、暴力的な潜入者を入り込ませ、そうして民衆のせいにしようとした。抗議を抑圧し、反対者を投獄する罠であった。今後、ブラジルはどうなるだろうか?



2023年1月9日月曜日

149:金満家の陰謀、ウォーバーグ・バイエル、 ネスレ、ジョンソン、ファイザー

 世界を統治してきた企業の背後に存在する一族について続けるが、彼らは権力と財産を築いたが、彼らもその周囲の者達にも幸福を提供することなく、不幸やスキャンダル、死がもたらされた。

20世紀にかけて、企業や銀行、政界はわかりくい絆で結びついてきた。企業においては、軍事産業や化学・製薬業界が際立った地位を占めてきた。また自動車、ファッション、アルコール、たばこ、薬物、麻薬、宝石は、少数の家系に、途方もない富と権力、明らかな名誉、そして時に壊滅的な形で不幸に陥るのに一役買った。

倫理および道徳からかけ離れた、闇の利害のための社会統制、医療およびエネルギー、食糧危機の創造、新世界秩序の2030アジェンダと悪魔崇拝者クラウス・シュワブのグレートリセットへの、その恥知らずの関心は、ウォーバーグ・バイエルやゴールドスミス、クルップ、ネスレ、ジョンソンエンドジョンソン、ファイザーといった家系を、誠実さや社会的責任、環境の幻影となるに至らせた。だがこれらの外観の背後に、実際には道徳的原則や従うべき模範は存在せず、不幸や職権乱用、スキャンダルに満ちている。



2022年12月28日水曜日

アルシオン・プレヤデス特別版37:フランシスコ法王、グレートリセット、ワクチン支持、LGBT、虐待、悪魔崇拝

 カトリック教会の目に見える最高位に法王フランシスコ1世が就いたことにより、この機関の土台が歴史上かつてない程に揺れ動くのを私達は目にしてきた。フランシスコ法王は、グローバリズムのさらなる駒であり、世界経済フォーラムやその会長のクラウス・シュワブの指針に同調して、2030アジェンダおよびグレート・リセットを推進している。

彼による、LGTBQIA+コミュニティへの支持やLGBT賛成派の枢機卿の任命、バチカンにおける性的逸脱についての文書と、その塀の中でのホモセクシュアルの高い割合について立証している出版物、あらゆる種類の非倫理的取引のためのバチカン銀行の利用、短期的・長期的に深刻な影響のある殺人ワクチンの世界的な接種への明確かつ持続的な支持…

また、気候変動の概念や、この全てが意味する個人の権利の削減への彼の支持、および悪魔崇拝の実践についての告発は、価値観やキリスト教の信仰を破壊し、新世界秩序のための新たな宗教の創設を模索する法王の厳しい現実を示している。



アルシオン・プレヤデス特別版36:インド、アスラ族の歴史、ボリウッド、ワクチン死、科学者達の闘い

 インドは古来より高度に発展した文化および社会を持つ巨大な大陸であり、そこで偉大な存在が育まれ、いまだ消滅していない豊かな伝統や強大な文化に満ちている。とはいえ、私達が無知であり続けているために、多くのことが意図的に隠されてきた。インドの歴史は、偉大な存在や神々、英雄達が、支配するようもくろむ闇の者達と闘い、勝利した時代までさかのぼる。

古代に存在したそれらのアスラ族の統治者らは、現在に存在するのと同じ者達だ。彼らは人間の体に擬態し、暴力や殺人、その偽のパンデミックと有毒なワクチンを伴う嘘をもって戻ってきた。なぜなら、ワクチンは免疫をつけると約束にもかかわらず、殺人的であるからだ。それゆえ、何百万もの罪のない人々が、かつては患っていなかった様々な疾患によって死亡しているのだ。

彼らの中には、ボリウッドの著名な俳優や女優、ミュージシャンなどがいる。

だが、人々は目覚め始めており、その偽りに気づいてきた。多くの弁護士達は、私達から奪おうとしている自由および主権を取り戻すべく抗議している、何百万もの人々の支持を受け、科学者や活動家らと共に政府を告発している。



2022年12月13日火曜日

148:呪われた一族、ギネス、フォード、ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン

 世界を統治してきた権力一族の呪いについての第一部の続きとして、この新たなドキュメンタリーでは、様々な国々、主にアメリカにおける産業化によって、19世紀の半ばより、その富を構築してきた現在の最も強大な家系について評価することができる。ここではゲティ家やギネス家、ロスチャイルド家、フォード家、ヴァンダービルト家、ロックフェラー家、J・P・モルガン、カーネギー家を取り上げる。また他にも、ヘッセン=ダルムシュタット家やホーエンツォレルン家、オランダ王室についても触れる。

それらは著名で裕福な家系または一族であるが、同時により不幸でもあり、決してその財産を享受することも、平和や幸福をもたらすこともなかった。その多くは破滅するか、悲劇や不幸に見舞われる結果となった。

大きな財産に加え、これらの家族に共通する何かがあるのか?なぜ一部の者が「泥棒男爵」の呼び名によって知られていたのか?植民地主義や奴隷制、隷属を利用し、他者の人生を支配し、殺害し、騙し、また破壊して、資源を不当な形で自分達のものにしてきた。これは石油や金、ダイヤモンドといった世界の資源を搾取し、コントロールするためである。それだけでなく、労働者階級の貯蓄を奪うために、国際銀行制度や連邦準備も創設した。

その富や権力にもかかわらず、彼らは病気や死亡、誘拐、事故、自殺、恋愛の挫折といった無数の個人的な悲劇に見舞われた。ここで言えるのは、これらの一族が世代を通じて受け継がれてきた、いくつかの呪いを有してきたということだ。