menu

2018年11月25日日曜日

アトランティス、レムリア、古代および現代の大惨事、人工知能、ロボット化

****音声付き新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3部に分かれています***
アトランティスは地球全域に渡って分かれて存在していたことが知ることが重要だ。その人口の主要な中心はポセイドニアであり、多くの人種で構成されおり、彼らは、その黄金時代には、星の人々と密接なつながりを持っており、さらには彼らから極めて進化した科学技術の莫大な知識を受けていた。
全世界で、巨大なピラミッド、モノリス、棺、巨人の骸骨などの大量の証拠や痕跡、オーパーツが発見されてきた。なぜ地球に住んでいたこれらの巨人達が最終的にすさまじい災害によって滅亡したことを、公的機関は私達に気づかせたくないのか。あるいは、実際、彼らに大規模な破滅をもたらした堕落というより大きな理由が存在し、同時に地球は地理上および磁気上の極の新たな解氷を経験していたのか。
しかし、私達の民俗的、遺伝的起源はまた、アトランティスの前の、レムリアもしくはムーと呼ばれる、太平洋の中心に位置していた広大な超大陸と密接なつながりを有している。この大陸については、南米や、イースター島、モルディブ諸島、チベット、さらにはオーストラリア大陸自体までに、痕跡が残っている。もしかして、同様に社会の堕落のために、津波や火山の噴火、隕石、ハリケーン、地震によって壊滅したのか。
私達が推測できる限りでは、私達は人類全般を巻き込む類似した状況を目の当たりにしている。それゆえ、今起きている無数の災害、地震や竜巻、台風、サイクロン、同じく、全てを破壊する凄まじいハリケーンや暴風雨について述べているのだ。その一方で人類の大半が、これらの災害の結果を知らずにいる。さらには、既に他の時代で起こったような変化を伴う地磁気の変異の過程をこの惑星が経ている。もしかしてこれは、傲慢さゆえに、また内面の原則ならびに宇宙のコスモスの法を軽んじたために、滅びるはめになった古代文明と同じ過程を私達が辿っていることを示しているのだろうか。では、偉大な予見者らが何世紀も前から言及してきた通り、私達が終わりの時を迎えているなら、どのようにして差し迫る極めて不吉な災厄を阻み、軽減することができるのか。