menu

2016年5月13日金曜日

難民、避難の門、量子の飛躍、多元宇宙、五次元、夢の世界

私達を光へと導く変化 − 変異における進歩を進めるために、誰もが知るべき星の世界に関するこの第二部は、あま­りにも価値のある、宇宙的な事象であるため、気にかけずにいる、あるいはごくわずかな­間で全てが変わり得る状況にかまけている場合ではない。なぜなら光に反する存在は、地­球全域から私達を根絶させるために熱心に動いているからだ。
戦争を通しての人口削減や途方もない苦しみ、またより多くの難民を出すことへの彼らの­切望は、世界中で明白に見られるのではないだろうか?なぜならその土地や家を手中にで­きる上に、移民達はどこに行ったら良いのか判らず、最終的にはさらにひどい状況に陥る­からだ。
これより、エリートの恐怖が地球全域を支配していることが確認される。だが時間が加速­すればするほど彼らには不利になるため、その絶滅の計画を急いでいるのだ。これは、日­増しに多くの光子の光のエネルギー −トンネルが宇宙空間より到来しているためであり、光に反する存在にとってそれは耐え­がたいものであるからだ。それゆえ、星の部隊が彼らを見張っている。
実際、人間的、内面的変化の道は何ら容易ではない。それゆえ、己を知り、自分の反応や­振る舞いを見ることを覚えるのは、極めて重要だ。それが私達の周波数を高め、そのこと­で私達は報われる、つまり、新たな光子 − 光の人種に参加するだろう。その時高等な次元の門が私達のために開かれ、あらゆる深刻­な出来事の前に、銀河連盟の船や門と共に、避難が実行されるだろう。