menu

2014年11月20日木曜日

ウクライナの危機、エリートの邪悪な計画

私達の研究を続けるが、エイリアンのトップ層は完璧に人間に変身し、たとえば統治者や政治家、銀行家、企業家、役員、億万長者、薬剤師、科学者等になっており、人類が気づいていない何かを緊急に準備-画策している。

だが、それは何だろうか?もしかして、気候の変化や日本-福島の原子力発電所の致命的な放射能汚染をもって、私達が被っている異常を利用したがっているのだろうか?福島の汚染は、止めようなく米国、カナダ、メキシコ、そして全世界へと拡大している。

だが彼らは、あらゆるその向精神性、精神的な抑制、抑止の武器や、また至る所で種蒔いているテロ、自作テロ、隠蔽された戦争、地政学的、社会的危機、災厄、死、カオスと惨状だけでは、満足していないのだろうか?
ただ忠実なしもべとして彼らに仕えてきただけの、この人類に対するこれほどひどい憎しみの理由は何か?
もしかして、私達が異なる、より完全なDNAを有するため、またより多くの光子が到来するに従って私達が目覚め、彼らが私達にしたこと全てを見出していくからだろうか?それとも、彼らは緊急に人口の削減を必要としており、そうして爬虫類のエイリアンによる再入植をするためで、私達は彼らにはひどく邪魔なのだろうか?

では、彼らは選別を行っており、それゆえ世界中で多くの異常-不幸-自殺や、あるいは流行病、疫病、病原菌、汚染された食品、フッ素の入った水、マイクロチップの入った体、化学的に汚染された空気、有害で致命的なワクチン、ELF波、GWEN発信機、破壊的なハアプ等が見られており、その目的は私達の肉体、精神、感情の能力を抑制-無効にすることなのだろうか?

では、かつてない危機に苦しむヨーロッパ民族についてや、ウクライナ、あるいはベネズエラの例のように、主権を有する合法的な国家におけるひどい地政学的、社会的危機については、何が言えるだろうか?さらに致命的で厄介な何かが準備されているのだろうか?