menu

2015年12月25日金曜日

ISの脅威、バイオテクノロジー、ロボット工学、ナノテクノロジー、DNAの修正

私達が苦しんでいる多くの葛藤において、世界権力の支配者らは、そのしもべであるハイ­ブリッド達と共に、私達の未来を滅ぼそうとしており、それゆえたくさんの人々が無感覚 − 冷淡 − 自動的な状態に陥っており、その中で人間的な表現が霧散していき、絶え間ない個人主義 − エゴイズムを生きることに加え、 心 − 意識が私達に授ける美徳を、数えきれない人達が失う結果となっている。

重要なのは、私達を高まる緊張や苦悩の状態に陥らせること、さらなるストレス − 息苦しさをもたらすことなのだ。もしかしてこれは、戒厳令を含む大規模な囲い込みを行­うその一方で、新世界秩序を課していくために、民衆に迫る恐怖をコントロールするため­の別の汚い策術なのか?それとも、帝国が大いに望んでいる第三次世界大戦のためであり­、それゆえ不安定にさせる目的で、無数の口実を模索しているのか?

しかしながらまた、増大する目覚めも存在しており、国際社会のこの進歩に対抗し、これ­を無効にしようとして、彼らは肉体 − 心理 − 内面の全般的な破綻をもたらそうとしており、そうして私達の全ての注意を、彼らが強化­しているバイオテクノロジー産業に集中させるのだ。私達をトランスヒューマニズムやロ­ボット技術、バイオニクス技術により惹き付けるためだ。だが、それほどの関心とこの上­ない野望をもって人工知能を生み出すのには、何らかの目的があるのか?