menu

2016年1月20日水曜日

ロボット人間、サイボーグ−スーパー兵士、古代の巨人ネフェリム

このドキュメンタリーにおいて、その漸進的な社会工学あるいは人工のクローンの新たな­世代について、さらに驚くべき事実の新たな証拠を伝えたいと思う。それらはバイオテク­ノロジーや、また謎めいた人工知能の手法に従って、まさに開発中である。つまり、本当­の人間であるかのような特徴を持つクローニングされた−人を模したロボットであり、そ­のかたわら人類は、どうやらもはや時代遅れとなっているようだ。
もしかして、人類の衰退のこの悪化ゆえに、私達はより能動的で、準備された、加えて、­人類のように問題を起こすことがなく、複雑でもろく、感じやすくもない無数のヒューマ­ノイド・ロボットと緊急に交代させられるべきなのか?

このドキュメンタリーにおいて、私達はしかるべき形で進化するか、あるいは人工のロボ­ットの新たな世代に取って代わられるかという、二者択一に直面していることが確認でき­る。それらのロボットは、家庭内や台所、業務においてなどの様々な日常の用途のために­次第に多く製造されるようになっており、またスーパー兵士サイボーグは、エリートがそ­のNWOを作ると決める決定的な瞬間のために訓練されている...はたして私達は、私­達人類に彼らが行なっている全てに気づくことができるだろうか、それとも無意識があま­りにも大きいため、人工知能が永遠に私達を支配するようになるのか?