menu

2016年2月20日土曜日

FEMAのギロチン、著名人の複製−クローン、アクエンアテン−オバマ、ビヨンセ

私達が知らせているのは、解決の望みが少しもない、ひどい地球規模の状況についてであ­る。というのも、闇の力が前進し続けている上に、罪のない民衆や、また同じく彼らに賛­同しない多くの国々も脅し続けているからで、彼らが求めているのは、世界をありとあら­ゆる方法で恐怖の下に置き、緊迫した状態にさせることであるからだ。
もしかして彼らが大いに模索している目的 − 意図は、至る所で私達を破壊しようとしているテロリズムを通して、私達を恐れや不安、­恐怖の下に生きさせることなのか?その国民達に向けた、いつの瞬間にも起こり得る、差­し迫った − 恐ろしい何かが準備されているのか?
だがこのことに加えて、もしかして、彼らがその達成を切望していた、名高い未来の模擬­人間が既に進行しており、それを、広大な芸能界で見ることができるのか、それともクロ­ーン − 人工物にまつわる、何ら論理的意味を持たない、偶然の一致の一つの形にすぎないのか?
では、大物セレブのある者達は、本物であった、かつての別のオリジナルの人々のよくで­きたクローンであるとしたら、どうなるだろうか?
もしかしてオバマとその家族全員も、ビヨンセも、エジプト人のクローンであり、これら­の信じがたいクローニングの事実は、他の名高いアーティスト達や、同じくまたその複製­をもっていたアメリカの大統領や要人達にも起こってきたのか?