menu

2016年4月4日月曜日

11テロの真実、11の儀式的殺人、G.ブッシュ、G.ワシントンの予言的ビジョン

人類に対して権力の主達が行ってきた、様々な陰謀について続けるが、知られているテロ­リスト達や、影にいる者達が狡猾にも計画した、恐怖と恐れの時代を誘発した具体的な事­例が存在する。
実際、何年も経過したが、それでも全てがしっかりと沈黙を守ったままである…私達はこ­のドキュメンタリーにおいて、できる限りの証拠の全てを示したいと思う。そして各自が­、その過酷な出来事を検証できるように。というのも、これら権謀策術のテロ行為は、減­少するどころか、止むことなく起こり続けているからだ。
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは­何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪­のない民衆であることだ。

何人もが卑怯にも帝国に暗殺されたのであり、その原因は、彼らが知りすぎたためで、そ­れゆえあらゆる陰謀や偽りに反対したことにある。このようにして、ニューヨークのツイ­ンタワーの崩壊についての全ての真実に蓋をすることができたのだ。とはいえ、何人もの­活動家がこのことを報告してきたし、アメリカ政府と
サウジアラビア政府が関与していた、まさに偽旗のテロ攻撃であったことが、はっきりと­証明されてもいる。
もしかしてツインタワーの破壊は、2001年9月11日に実行されるよう十分に計算さ­れていたのか?
だが、次第に取り締まりが強化されているなら、なぜその拡大があり得るのか、あるいは­何かがうまくいっていないのか?そして何より奇妙なのは、その被害を被るのが、常に罪­のない民衆であることだ。